興然(1)(読み)こうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興然(1) こうねん

1849-1924 明治-大正時代の僧。
嘉永(かえい)2年4月14日生まれ。真言宗。明治15年横浜三会(さんね)寺の住職となる。19年叔父雲照のすすめでセイロン(スリランカ)にわたり,パーリ語をまなび,23年に受戒。24年インドの仏跡巡拝。帰国後,日本に南方仏教戒律の移植を計画し,釈尊生風会を結成した。大正13年3月15日死去。76歳。出雲(いずも)(島根県)出身。俗姓板垣

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android