コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌下神経 ぜっかしんけいhypoglossal nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌下神経
ぜっかしんけい
hypoglossal nerve

第 12番目の脳神経で,舌筋に分布する純運動神経延髄の下部から始り,延髄の前外側溝から出て,後頭骨舌下神経管を通って頭蓋の外へ出て,の下方から舌筋へ分布する。この神経が麻痺すると会話や嚥下が困難になり,片側の麻痺では,舌を突出させたとき舌尖が麻痺側に偏する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜっか‐しんけい【舌下神経】

延髄から出て舌の筋肉に分布し、その運動を支配する神経。第十二神経。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜっかしんけい【舌下神経 nervus hypoglossus】

第12脳神経ともよばれる。延髄の腹側から出て舌筋(内舌筋と外舌筋)に到達する運動神経で,口腔底を通り,舌の下面から舌内部に入るため〈舌下〉神経とよばれる。もっぱら舌の運動をつかさどる。系統発生上,舌下神経は舌の中に筋が入ってきた段階で出現する。したがって,粘膜の隆起にすぎない舌をもつ魚類にはない。この神経を出す神経細胞は,脊髄の前角細胞と同類の運動神経細胞で,脊髄前角細胞に連続するような形で延髄の下位レベルに存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜっかしんけい【舌下神経】

舌筋に分布する純運動性の神経。延髄の腹側から出る。第一二脳神経。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌下神経
ぜっかしんけい

第12脳神経で、舌筋に分布する純然たる運動神経である。舌下神経は、延髄の錐体(すいたい)とオリーブ(錐体の外後側にある長楕円(だえん)形の膨らみ)との間から出る。舌筋は、舌本体を構成する内舌筋(舌固有筋)と、これに付属する外舌筋とからなっているが、舌下神経は、これらに分布して舌の運動を支配する。一側の舌下神経が傷害を受け、麻痺(まひ)がおこると、舌を前方に突き出した場合、舌は麻痺側に曲がる。なお、舌下神経のみられるのは、羊膜類、つまり爬虫(はちゅう)類、鳥類、哺乳(ほにゅう)類である。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の舌下神経の言及

【延髄】より


[内部構造]
 延髄内部には,いろいろの働きをする神経核(神経細胞またはニューロンの集団)と延髄を通過し,あるいは神経核に結合する神経路とがある。神経核には,迷走・舌咽・副・舌下神経の四つの脳神経の核がある(図)。迷走神経は大きく分けて,頸部,胸部,腹部の内臓に分布する。…

【神経系】より


[脳神経と脊髄神経]
 脳に出入する末梢神経系,すなわち脳神経は爬虫類以上の脊椎動物では一般に12対ある。嗅神経,視神経,内耳神経(平衡聴覚神経または前庭蝸牛(かぎゆう)神経)のほか,眼球を動かす動眼神経,滑車神経,外転神経,表情筋を動かす顔面神経,頭顔部の感覚を伝達する神経繊維のほかに,咀嚼(そしやく)筋を動かす神経繊維を含む三叉(さんさ)神経,そのほか舌咽神経,迷走神経,副神経,舌下神経である。以上12対の脳神経のうち,副神経は本来は迷走神経の副枝である。…

【脳神経】より

…これらの筋は,頭,頸,肩の動きに主要な役割を果たしている。 第12脳神経は舌下神経nervus hypoglossusで,舌筋の運動神経である。神経系【水野 昇】 脳神経のなかで三叉神経,顔面神経,舌咽神経,迷走神経,副神経はえらの形成と関連して生じる。…

※「舌下神経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舌下神経の関連キーワードのど(咽頭、喉頭)のしくみとはたらき喉頭運動まひ(反回神経まひ)口腔のしくみとはたらき副咽頭間隙膿瘍ヴルピアン効果首(くび)副神経麻痺そしゃくウォラー

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android