コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多鈕細文鏡 たちゅうさいもんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多鈕細文鏡
たちゅうさいもんきょう

鋸歯文鏡,多鈕細線文鏡などとも呼ばれ,鏡背面文様幾何学文で,2~3個の鈕をもつ鏡。朝鮮半島に最も多く出土し,中国東北地方,沿海州,日本にもみられる。鏡背面の文様の精粗,鈕や鏡縁の形状の相違によって,若干の形態上の差がある。弥生時代の遺物として出土した5面はいずれもかまぼこ縁,平帯鈕のC式と呼ばれるもので,精細な文様をもち,朝鮮半島から移入されたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たちゅうさいもん‐きょう〔タチウサイモンキヤウ〕【多×鈕細文鏡】

古代鏡の一。凹面鏡で、背面の中心を外れたところに2、3個の鈕(ちゅう)(つまみ)があり、細い線による鋸歯(きょし)文を中心とした文様がある。中国の起源で朝鮮半島で発達し、日本では弥生時代の墳墓から出土。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たちゅうさいもんきょう【多鈕細文鏡】

双鈕ないし三鈕を,鏡背の中心から鏡縁に寄った位置に配し,幾何学的な文様を表す古代の鏡。鏡面凹面をなすことが多い。多鈕細線鋸歯文鏡を略して名付けられた。中国遼寧地方,朝鮮,日本,ロシア沿海州に分布し,この地域の初期金属器文化を特徴づける青銅器の一つである。中国の中原地方を中心にして発達した一鈕を鏡背の中心に置く鏡とは,鏡式・分布ともに異なる。多鈕細文鏡には,粗い文様を表すものと,名称の起源となった細線文を表すものとがあり,その変化を大きくまとめると次の4段階になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たちゅうさいもんきょう【多鈕細文鏡】

中国の古代鏡の一。二~三個の帯状の鈕が縁寄りにつけられ、背面に細い線で鋸歯きよし文様のある円鏡。日本では北九州の弥生時代の墳墓から出土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多鈕細文鏡
たちゅうさいもんきょう

紀元前2~紀元後1世紀ごろ朝鮮半島で製作された銅鏡で、裏面には、その中心を外れた位置に多鈕、すなわち2ないし3か所の鈕(ちゅう)があり、直線や円弧、同心円などからなる細かな幾何学文様で飾り、さらに鏡面がわずかな凹面になる点を大きな特徴とする。アジアの銅鏡の主流をなす中国鏡は、一鈕で平面ないし凸面であり、その点が違っている。この種の銅鏡は、中国遼寧(りょうねい)地方の多鈕粗文鏡に起源し、そこで生まれた銅剣類とともに、朝鮮半島において独特の発展をしたものである。その形態や副葬状況からみて、もともと通常の鏡のような映像具ではなく、呪具(じゅぐ)であったとみてよい。日本列島からも9点出土しているが、北部九州地方と本州最西端から出土したもののほとんどは、この地方の弥生(やよい)時代の他の舶載青銅器と同じように、墓に副葬されており、他は近畿地方と中部地方の祭祀(さいし)遺跡からの出土品である。日本列島の住民が最初に接したこの銅鏡が祭祀用具であったこと、地域によってその受け止め方が違ったことは、その後の日本の鏡の歴史を考えるうえで示唆的である。[田中 琢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の多鈕細文鏡の言及

【鏡】より

…そして東の方の日本では特殊な発展を示した。【梅原 末治】【田中
[日本――先史,古代]
 日本列島に最初に登場した鏡は,朝鮮半島で製作された多鈕細文鏡であった。凹面鏡の多鈕細文鏡は,もともと映像の具ではなく,呪術用具であったとみなされており,銅鐸と同じところに埋納された事例もそのような用途であったことを示している。…

※「多鈕細文鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多鈕細文鏡の関連キーワード鏡(mirror)大田槐亭洞遺跡宇木汲田遺跡吉武高木遺跡梶栗浜遺跡奈良(県)舶載鏡北九州円鏡帯状

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android