コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝全交(初代) しば ぜんこう

1件 の用語解説(芝全交(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝全交(初代) しば-ぜんこう

1750-1793 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
寛延3年6月19日生まれ。江戸の商人吉川氏の子。水戸藩の狂言師山本藤七の養子となり,その業をつぐ。戯作をこのみ,「大悲千禄本(だいひのせんろっぽん)」「芝全交智恵之程(ちえのほど)」などの黄表紙を多数あらわし,山東京伝とならび称された。寛政5年5月27日死去。44歳。姓は山本。名は藤十郎。別号に司馬全交,司馬亭,全交坊など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

芝全交(初代)の関連キーワード菱田縫子羅城井戸甘谷三鍼西奴樗雲出目満猶平賀東巌森俊韶山岸秋良