コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝全交(初代) しば ぜんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝全交(初代) しば-ぜんこう

1750-1793 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
寛延3年6月19日生まれ。江戸の商人吉川氏の子。水戸藩の狂言師山本藤七の養子となり,その業をつぐ。戯作このみ,「大悲千禄本(だいひのせんろっぽん)」「芝全交智恵之程(ちえのほど)」などの黄表紙を多数あらわし,山東京伝とならび称された。寛政5年5月27日死去。44歳。姓は山本。名は藤十郎。別号に司馬全交,司馬亭,全交坊など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

芝全交(初代) (しばぜんこう)

生年月日:1750年6月19日
江戸時代中期の黄表紙作者
1793年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

芝全交(初代)の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android