コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦屋[市] あしや

百科事典マイペディアの解説

芦屋[市]【あしや】

兵庫県南東部,神戸市東隣の市。1940年市制。中心市街地は西国街道の小集落から発達,大正初期まで別荘地であったが,東海道本線芦屋駅の設置,阪急・阪神電鉄の開通で高級住宅地となった。
→関連項目海技大学校

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしや【芦屋[市]】

兵庫県南東部,六甲山地のふもとにある市。1889年芦屋,打出,三条,津知の4村が合体してできた精道(せいどう)村が1940年その字名の一つをとって芦屋市となった。人口7万5032(1995)。大阪湾に面する緩傾斜地上に発達した景勝地で,はじめ大阪の富裕な商人の別荘地として知られていた。明治初期から村域を東海道本線が通過していたが,阪神電鉄(1905),国鉄(1913),阪急電鉄(1920)の駅が相次いで開設され,阪神間随一の高級住宅地として開発が進んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

芦屋[市]の関連キーワード兵庫県南部地震

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android