コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀雨 こくう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穀雨
こくう

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の3月中 (3月の後半) のことで,太陽の黄経が 30°に達した日 (太陽暦の4月 20日または 21日) に始り,立夏 (5月5日または6日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその第1日目をいう。春の季節の最後にあたる。その頃は季節的に種まき育苗のために雨が必要な時期である。昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (萍始生,鳴鳩払其羽,戴勝降于桑) に区分した。それは,浮草が生え,はとがはばたき,かっこう (戴勝) が桑の木に現れることを意味している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐う【穀雨】

穀物を育てる雨の意》二十四節気の一。4月20日ごろ。 春》「伊勢の海の魚介豊かにして―/かな女」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

穀雨

4月20日頃 穀雨とは、春の雨が全ての穀物を潤すという意味です。農業を営む人は、この時期に種まきをすると植物の成長に欠かせない雨に恵まれるといわれています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくう【穀雨】

〔百穀をうるおす春雨の意〕
二十四節気の一。太陽の黄経が30度に達した時をいい、現行の太陽暦で4月20日頃。三月中気。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穀雨
こくう

二十四節気の一つ。清明(せいめい)ののち15日目で、太陽の黄経が20度に達したときをいい、新暦では4月21日ごろにあたる。穀雨の意味は、百穀を潤し、芽を出させる雨ということ。しかし、このころとくに雨が多いというわけではないが、降れば菜種梅雨(なたねづゆ)ということもある。北国ではストーブをしまい、東日本では冬服を脱ぎ、西日本ではフジの花の咲き始める季節である。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

穀雨の関連キーワード外国の天気俚諺二十四番花信風七十二候根本順吉花信風春雨啓蟄中気百穀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穀雨の関連情報