コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霜降 そうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霜降
そうこう

二十四節気の一つ。元来太陰太陽暦の9月中 (9月後半) のことで,太陽の黄経が 210°に達した日 (太陽暦の 10月 23日か 24日) に始り,立冬 (11月7日か8日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその期間の第1日目をさす。この頃晴夜に気温が低下して氷点下になると,水蒸気地表に凝結して霜となる。昔中国ではこの期間をさらに5日を一候とする三候 (豺乃祭獣,草木黄落,蟄虫咸俯) に区分した。それは,山犬が獣を祀り (中国の故事) ,草木の葉が黄落し,虫が地にひそむ時期にきたことの意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐こう〔サウカウ〕【霜降】

二十四節気の一。10月23日ごろ。このころ、霜が降り始めるという。 秋》「―の陶(すゑ)ものつくる翁かな/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

霜降

10月23日頃 霜降とは、霜が降りるという意味です。東北地方や本州中部では霜が降りるようになります。この頃になると、すっかり秋も深まり、もみじは紅葉します。日本列島が北から徐々に、燃えるような赤色に染まります。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうこう【霜降】

二十四節気の一。太陽の黄経が210度に達した時をいい、現行の太陽暦で10月23、24日頃にあたる。朝夕の気温が下がり、霜の降り始める頃。九月中気。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜降
そうこう

二十四節気(せっき)の一つ。太陽の黄経が210度に達したときで、陰暦では9月の中旬、新暦で10月23日ごろにあたる。霜が降りるころの季節という意味である。南西諸島方面では、このころは夏と冬の季節風の交替期にあたる。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

霜降の関連キーワードサーロインステーキ症候群牛の成型肉と牛脂注入肉オックスフォードグレー山口県宇部市吉見フロスティング牛脂注入加工肉霜ふりハーブシャンブレー柏幻霜ポークしゃぶしゃぶミヤマセセリウーステッド霜降り小倉リブロース持世寺温泉チンチラ兎武州さし豚霜降り地霜降現象七十二候

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霜降の関連情報