コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大暑 たいしょ

5件 の用語解説(大暑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大暑
たいしょ

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐しょ【大暑】

厳しい暑さ。極暑。酷暑。「記録的な大暑
二十四節気の一。7月23日ごろ。一年のうちで、最も暑い時期。 夏》「念力のゆるめば死ぬる―かな/鬼城

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

大暑

7月23日頃 大暑とは、暑さが最も厳しくなるという意味です。厳しい暑さにより、夏の到来を強く感じます。農家にとっては田の草取り害虫駆除など暑い中での農作業が辛い節目の日です。またこの時期は、蒸し暑さに襲われることで体力の消耗が激しくなるため、夏バテ防止のために精力のつくウナギを食べる習慣があります。

出典|シナジーマーティング(株)
日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょ【大暑】

厳しい暑さ。酷暑。劇暑。 「 -お見舞い申し上げます」
二十四節気の一。太陽の黄経が120度に達した時をいい、現行の太陽暦で7月23日頃に当たる。1年中で最も暑い時期。六月中気。 [季] 夏。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大暑
たいしょ

二十四節気の一つ。陰暦6月の節。夏至(げし)から約1か月後で、新暦では7月23日にあたっている。8月8日ころの立秋までの大暑の期間は、一年中でもっとも気温の高い季節にあたる。大暑の前半は「梅雨(つゆ)明け10日」の夏型の安定した天候の場合が多いが、後半になると、年によって暑さが厳しい場合と、早く秋風がたって比較的涼しくなる場合とがある。アブラゼミが鳴き、トンボが飛び交い、サルスベリ、ナデシコなどの夏の花が盛りの季節でもある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大暑の関連情報