コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小満 しょうまん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小満
しょうまん

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の4月中 (4月後半) のことで,太陽の黄経が 60°に達した日 (太陽暦の5月 21日か 22日) に始り,芒種 (6月6日か7日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。気候的には初夏で,麦の収穫期にもあたる。昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (苦菜秀,靡草死,小暑至) に区分した。それは,にがな (苦菜) が山野にはびこり,なびきぐさが枯れ,暑さを感じる時期という意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐まん〔セウ‐〕【小満】

二十四節気の一。5月21日ごろ。草木が茂って天地に満ち始める意。 夏》「―や後れし麦の山畑/圭岳」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

小満

5月21日頃 小満とは秋に蒔〔ま〕いた麦などの穂がつく頃で、ほっと一安心(少し満足)すると言う意味です。 田畑を耕して生活の糧〔かて〕を稼いでいた時代には、農作物の収穫の有無は人の生死にかかわる問題でした。そのため、麦などに穂がつくと「今のところは順調だ、よかった」と満足したことから小満と言う名前が付いたようです。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうまん【小満】

二十四節気の一。四月中気。太陽の黄経が60度に達する時。現行の太陽暦で5月21日頃。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小満
しょうまん

二十四節気の一つ。立夏ののち15日、陽暦5月22日ごろにあたる。万物がしだいに長じて満つる意である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小満の関連キーワード三升亭 小勝(4代目)柳家 小せん(4代目)天光軒 満月(2代目)都々逸坊扇歌(4代)桂 文楽(8代目)市川 小文治磐次磐三郎磐司磐三郎沖縄(県)七十二候根本順吉花信風中気

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小満の関連情報