コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処暑 しょしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

処暑
しょしょ

二十四節気の一つ。元来太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその期間の第1日目をさす。立秋も過ぎて暑さも止り,いわゆる残暑の時期となる。昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (鷹乃祭鳥,天地始粛,禾乃登) に区分した。それは,天地が静粛になり,稲がよく実るなどといった時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょ‐しょ【処暑】

二十四節気の一。8月23日ごろ。暑さが落ち着く時期の意。 秋》「鳰(にほ)の子のこゑする―の淡海(あふみ)かな/澄雄」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

処暑

8月23日頃 処暑とは、暑さが終わるという意味です。まだ昼間は暑い日が続きますが、朝夕は涼しい風が吹き渡わたり、気持ちのよい時期です。また、この頃には秋の台風が訪れます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょしょ【処暑】

二十四節気の一。太陽の黄経が150度の時、現行の太陽暦の8月23日の頃。暑さがやむの意で、朝夕しだいに冷気が加わってくる。七月中気。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

処暑
しょしょ

二十四節気の一つ。立秋ののち15日で、8月22、23日ごろにあたる。暑気止息する意である。このころは日本は台風来襲の一つの特異日にあたっており、暴風や大雨にみまわれることが少なくない。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

処暑の関連キーワード外国の天気俚諺根本順吉七十二候花信風中気

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

処暑の関連情報