コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小暑 しょうしょ

5件 の用語解説(小暑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小暑
しょうしょ

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の6月節 (6月前半) のことで,太陽の黄経が 105°に達した日 (太陽暦の7月7日か8日) に始り大暑 (7月 23日か 24日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しょ〔セウ‐〕【小暑】

二十四節気の一。7月7日ごろ。このころから暑気が強くなる。 夏》「部屋ぬちへ―の風の蝶ふたたび/爽雨」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

小暑

7月7日頃 小暑とは、暑さがだんだんと強くなっていくという意味です。またカレンダーなどには「温風至」と書かれており、中国では「おんぷういたる」日本では「あつかぜいたる」と言うように呼ばれています。小暑は梅雨明けの時期です。この頃から暑中見舞いを出し始めます。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうしょ【小暑】

二十四節気の一。太陽の黄経が105度に達した時をいい、現行の太陽暦で7月7日頃。六月節気。 → 大暑

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小暑
しょうしょ

二十四節気の一つ。陰暦7月の節。夏至ののち15日、すなわち7月7日ごろにあたる。この日から暑中に入り、盛夏期の暑さを迎える。例年では小暑より3~7日くらい遅れて梅雨(つゆ)が明けることが多い。いいかえると、小暑は梅雨末期の集中豪雨型の季節であることが多い。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小暑の関連キーワード二十四気二十四史二十四輩二十五史二十四節二十四番花信風二十四時間二十四考二十四の瞳〈第2部〉二十四山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小暑の関連情報