コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小暑 しょうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小暑
しょうしょ

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の6月節 (6月前半) のことで,太陽の黄経が 105°に達した日 (太陽暦の7月7日か8日) に始り大暑 (7月 23日か 24日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。気候的には梅雨明けも近く,なまぬるい風の吹く頃である。昔中国ではこれを5日を一候とする三候 (温風至,蟋蟀居壁,鷹乃学習) に区分した。それは,温風が吹き,こおろぎ (蟋蟀) が壁に止るなどの時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しょ〔セウ‐〕【小暑】

二十四節気の一。7月7日ごろ。このころから気が強くなる。 夏》「部屋ぬちへ―の風の蝶ふたたび/爽雨」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

小暑

7月7日頃 小暑とは、暑さがだんだんと強くなっていくという意味です。またカレンダーなどには「温風至」と書かれており、中国では「おんぷういたる」日本では「あつかぜいたる」と言うように呼ばれています。小暑は梅雨明けの時期です。この頃から暑中見舞いを出し始めます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうしょ【小暑】

二十四節気の一。太陽の黄経が105度に達した時をいい、現行の太陽暦で7月7日頃。六月節気。 → 大暑

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小暑
しょうしょ

二十四節気の一つ。陰暦7月の節。夏至ののち15日、すなわち7月7日ごろにあたる。この日から暑中に入り、盛夏期の暑さを迎える。例年では小暑より3~7日くらい遅れて梅雨(つゆ)が明けることが多い。いいかえると、小暑は梅雨末期の集中豪雨型の季節であることが多い。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小暑の関連キーワード暑・緖・署・諸・処・初・嶼・庶・所・暑・曙・書・緒・署・蔗・薯・處・諸外国の天気俚諺夏(なつ)竹内 栖鳳七十二候根本順吉竹内栖鳳半夏生花信風小満

小暑の関連情報