コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花折峠 はなおれとうげ

4件 の用語解説(花折峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花折峠
はなおれとうげ

「はなおりとうげ」ともいう。滋賀県中西部,比良山地にあり,大津市内の途中と葛川を分つ峠。標高 591m。葛川明王堂への行者がこの峠でシキミを折取って斎戒に使ったことからその名が生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕花折峠(はなおりとうげ)


滋賀県西部、比良(ひら)山地南西部を越える峠。切り通し状の旧道は標高約570m。国道367号は旧道のおよそ400m西をトンネルで抜ける。付近は南北方向に走る花折断層の中心。福井県若狭(わかさ)地方と京都を結ぶ若狭街道の要地として古くから利用された。「はなおれとうげ」とも読む。

〔滋賀県〕花折峠(はなおれとうげ)


花折峠(はなおりとうげ)

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花折峠
はなおれとうげ

滋賀県中西部、大津市の葛川坂下町(かつらがわさかしたちょう)と伊香立途中(いかだちとちゅう)町の境にある峠。「はなおりとうげ」ともいう。丹波(たんば)高地と比良(ひら)山地の間を流れる安曇(あど)川と和邇(わに)川との分水嶺(ぶんすいれい)にあたり、標高591メートル。この地を南北に走る断層を花折断層という。現在、国道367号が通じるが、この道路は古くから京都と若狭(わかさ)を結ぶ交通路として利用され、街道屈指の難所として知られた。1975年(昭和50)トンネルが開通し交通条件は改良された。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone