コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花時計 はなどけい floral clock

6件 の用語解説(花時計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花時計
はなどけい
floral clock

開花の時刻の異なる草花を,その早い順に並べて植えておいて時間を知るようにしたもの。スウェーデンの博物学者 C.リンネがつくったものが有名で,朝6時のブタナ (英名 catsear) の開花から,正午にトケイソウ開花,夕方5時にスイレンが閉じるなどとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はな‐どけい【花時計】

文字盤の部分に季節の草花を植え込んだ時計。公園・広場などに作りつける。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

花時計【はなどけい】

花の種類によって開花の時刻が異なるのを利用して,各種の花を植えて時刻を知らせる方法。1751年にリンネウプサラ大学で作ったものが有名。これに使う植物をダイヤルプラントという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はなどけい【花時計 flower clock】

花を使って時刻を表示するしかけ。本来は,開閉時間の異なる花を巧みに組み合わせて,時計の機能を果たさせるものを指したが,現在では日時計機械時計を花壇に設置した装飾的なものを示すようになった。花の生態学的な特性を時計として利用する発想は17世紀のキルヒャーを先駆とし,太陽の運行にしたがって向きを変えると信じられていたヒマワリを用いた奇抜な花時計案が,その著《磁石論》(1643)で公表された。本格的には1740年代にリンネが数十種の花を組み合わせた花時計を立案している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はなどけい【花時計】

公園や広場などの花壇に設けた大きな時計で、その文字盤の部分に季節の草花を植え込んだもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花時計
はなどけい

植物の花は季節、種類により、ほぼ定まった時刻に開花する。その性質を利用して、開閉時間の異なる花を組み合わせて植えた花壇をいう。この花時計の考え方は、植物学者のリンネが、ほぼ定まった時刻に花が開閉するのを見て時計のかわりになると考え、1750年ごろスウェーデンのウプサラ大学の構内に植栽したのが本格的な始まりといわれている。花の開花は、原産地、季節、天候、種類によって大きく左右され、実際の利用にはたいへんむずかしい面が多い。現在では、花の開花時刻とは別に機械による時計を設置し、文字盤になる部分に花や葉の美しい植物を植えた、装飾的な花時計となっている。また時計盤になる面は、普通15度程度傾斜させて見やすいようにくふうされている。外国ではイギリスエジンバラ王立植物園、スイスジュネーブのものが知られ、日本では神戸市市役所前(1957)、神奈川県立フラワーセンター大船植物園(1967)などのほか、東京都駒沢(こまざわ)オリンピック公園、札幌市市民会館前(1958)、北海道音更(おとふけ)町、静岡県伊豆市土肥(とい)港の松原公園(1991)などに設置されている。[堀 保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花時計の関連キーワードライトペン期限表示時刻を移す時刻を回らす潮時計漏箭時刻受信時計コレカルシフェロール当量ゲル=マン‐ロウの関係式プライス・カード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花時計の関連情報