コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芹生 セリョウ

4件 の用語解説(芹生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せりょう〔せれふ〕【芹生】

《「せりふ」の音変化》
京都市左京区大原の西方に古くあった地名。[歌枕]
「大原は―を雪の道にあけてよもには人もかよはざりけり」〈山家集・下〉
京都市右京区北東部の地名。かつては薪炭などを京の都へ出した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せりふ【芹生】

せりょう【芹生】

〔「せりふ(芹生)」の転〕 京都市大原の西方の地の古名。 「大原は-を雪の道にあけて/山家 百首

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芹生
せりょう

京都府東部、京都市右京(うきょう)区の北部にあたる旧京北(けいほく)町の一地区。大堰(おおい)川の支流の灰屋(はいや)川最上流に位置する。集落南部の芹生峠(約710メートル)を越えて京都市左京区貴船(きぶね)へ通じ、かつては薪炭(しんたん)などの林産物が京都へ送られた。集落の北部には、浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎(かぶき)で有名な『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』寺子屋の段で知られた武部源蔵隠栖(いんせい)の邸跡があると伝えられるが、その地区の住民は離村し廃村となっている。灰屋川の渓谷はハイキングコースとなっている。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芹生の関連キーワード大原野高野川途中越来迎院粟田小塩山音無の滝黒谷セリフ岡崎動物園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芹生の関連情報