芹生(読み)セリョウ

  • せりふ
  • せりょう せれふ
  • せりょう〔せれふ〕

デジタル大辞泉の解説

《「せりふ」の音変化》
京都市左京区大原の西方に古くあった地名。[歌枕]
「大原は―を雪の道にあけてよもには人もかよはざりけり」〈山家集・下〉
市右区北東部の地名。かつては薪炭などを京の都へ出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都府東部、京都市右京(うきょう)区の北部にあたる旧京北(けいほく)町の一地区。大堰(おおい)川の支流の灰屋(はいや)川最上流に位置する。集落南部の芹生峠(約710メートル)を越えて京都市左京区貴船(きぶね)へ通じ、かつては薪炭(しんたん)などの林産物が京都へ送られた。集落の北部には、浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎(かぶき)で有名な『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』寺子屋の段で知られた武部源蔵隠栖(いんせい)の邸跡があると伝えられるが、その地区の住民は離村し廃村となっている。灰屋川の渓谷はハイキングコースとなっている。

[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 かたまって生えた芹。
※春の潮(1908)〈伊藤左千夫〉六「芹生(セリフ)が水の流れを狭めてゐる」
(「せりふ(芹生)」の変化した語)
[一] 京都市左京区大原の古地名。大原川(高野川上流)西岸、野村、井出のあたり。和歌にしばしばよまれた。
※山家集(12C後)下「おほはらはせれうを雪の道にあけてよもには人もかよはざりけり」
[二] 京都市右京区の地名。灰屋谷の最奥に位置する山間の村落。
※平家(13C前)二「梅津・桂・大原・しづ原、せれうの里と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android