コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京北 けいほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京北
けいほく

京都府南東部,京都市北西部の旧町域。 1955年周山 (しゅうざん) 町と細野村,宇津 (うつ) 村,黒田村,山国 (やまぐに) 村,弓削 (ゆげ) 村の5村が合体して京北町が発足。 2005年京都市に編入。右京区の一部となった。桂川の上流大堰川に沿う山村で,スギの良材の産地として知られる。杉材は古くは筏に組んで大堰川の谷口集落の嵯峨へ運ばれ陸揚げされたが,現在は周山街道 (国道 162号線の一部) で京都,大阪方面へトラック輸送される。丹波まつたけ,イチゴなどを産し,アユ漁も行なわれる。古刹常照皇寺 (じょうしょうこうじ) は九重ザクラ (国指定天然記念物) で名高く,南東部の芹生 (せりょう) の里には歌舞伎『菅原伝授手習鑑』の寺子屋の伝説が伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京北
けいほく

京都府中央部、北桑田(きたくわだ)郡にあった旧町名(京北町(ちょう))。現在は京都市右京(うきょう)区の北部を占める一地区。旧京北町は1955年(昭和30)周山(しゅうざん)町と山国(やまぐに)、弓削(ゆげ)、黒田、宇津(うつ)、細野の5村が合併して成立。2005年(平成17)京都市に編入、右京区に編成。丹波(たんば)高地の南部に位置し、桂(かつら)川が中央を貫流している。中心地の周山の地名は明智光秀(あけちみつひで)が山城(やまじろ)を築いて周(しゅう)の武王の故事にちなんで周山城としたことによる。山国は中世禁裏御料(きんりごりょう)の山国荘(しょう)にあたり、戊辰(ぼしん)戦争の際、郷士たちの山国隊が東征に従軍したことから、京都の時代祭の先頭は山国隊と同装の鼓笛隊である。芹生(せりょう)は『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』寺子屋の段で知られている。旧町域の大部分は山地で、国道162号(周山街道)が南北に通じ、477号が東西に走る。主要な産業も林業で、京北磨き丸太を産する。北朝の光厳(こうごん)天皇が隠棲(いんせい)した常照皇寺(じょうしょうこうじ)の九重ザクラは国の天然記念物。片波川源流域一帯は巨大スギ群生の森で、京都府の自然環境保全地域に指定されている。[織田武雄]
『『京北町誌』(1975・京北町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

京北の関連キーワード京都府京都市右京区京北周山町上寺田丹波地方のマンガン鉱山と記念館稀音家 六四郎(4代目)クーペイコウ(古北口)東洋大学京北高等学校伊藤小太夫(2代)京都府京都市右京区山国(京都府)柳川 宗左衛門湯本 武比古鈴木 為次郎篠田 悌二郎横山 潤之助国木田 虎雄黒沢 酉蔵神崎 一作後花園天皇稲垣 知雄鈴木為次郎井上 円了

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京北の関連情報