コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苅田[町] かんだ

百科事典マイペディアの解説

苅田[町]【かんだ】

福岡県北東部,周防(すおう)灘に臨む京都(みやこ)郡の町。日豊本線東九州自動車道が通じる。大正期豊富な石灰石石炭を利用するセメント工業が立地,戦後築港が完成した苅田港が石炭・セメント積出港として発展,火力発電所もでき港湾工業地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんだ【苅田[町]】

福岡県北東部,京都(みやこ)郡の町。人口3万5072(1995)。北は北九州市に接し,東は周防灘に臨む。中西部は丘陵性山地が広く分布し,周防灘沿岸と南の小波瀬川沿いに沖積地が開ける。日豊本線と国道10号線が海岸部を走る。九州最古の畿内型古墳石塚山古墳をはじめ古代遺跡群が多い。大正期にセメントの町として栄え,昭和に入り,石炭積出港の建設に着手,第2次世界大戦で中断されたが,戦後,臨海工業地造成を伴って完成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苅田[町]の関連情報