コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若きウェルテルの悩み わかきウェルテルのなやみDie Leiden des jungen Werthers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若きウェルテルの悩み
わかきウェルテルのなやみ
Die Leiden des jungen Werthers

ドイツの詩人,作家ゲーテの小説。 1774年刊。シュトゥルム・ウント・ドラング期のゲーテが友人の婚約者に恋した体験を作品化した恋愛小説。法律を学ぶ青年ウェルテルは,すでに婚約者のいるロッテに心をひかれる。彼女のもとを去り公使館に勤めるが,官僚・貴族社会の理不尽に絶望して辞職。ひたすらロッテを恋する自己の激情を処理することができずにピストル自殺をとげる。書簡体によるこの青春の書が発表されるや,若者に熱狂的に迎えられ,ゲーテは一躍名声を得,ウェルテルと同じ青い服と黄色のチョッキを着けて自殺する若者が相次いだ。各国語に翻訳紹介され,他国の文学に与えた影響も大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わかきウェルテルのなやみ【若きウェルテルの悩み】

《原題、〈ドイツ〉Die Leiden des jungen Werthersゲーテ書簡体小説。1774年刊。友人の婚約者ロッテに恋した純情多感な青年ウェルテルが、結ばれない恋に苦悩した末に自殺する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わかきウェルテルのなやみ【若きウェルテルの悩み】

ゲーテの書簡体小説。1774年刊。青年ウェルテルの、親友の婚約者ロッテに対するかなわぬ恋の悩みと自殺を描く。恋愛小説の古典。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若きウェルテルの悩み
わかきうぇるてるのなやみ
Die Leiden des jungen Werthers

ドイツの作家ゲーテの小説。初稿は1774年刊行、表現を和らげた第二稿は87年に刊行され、一般にはこの形で読まれている。自然にあこがれる純粋な青年ウェルテルは、16歳の少女ロッテを知り激しい恋に陥る。ロッテにはアルベルトという許婚者がいる。許されぬ恋をあきらめることのできない彼はピストルで自殺する。そこには、貴族社会が市民に抱く理由のない蔑視(べっし)に対する憤激も語られている。1770年ころにおこったシュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤(しっぷうどとう))の文学運動の代表的な作品。ウェルテルの書簡という形でまとめられたこの小説には、同じく書簡体で書かれたルソーの『新エロイーズ』(1761)の強い影響がみられる。大きくみれば、それはヨーロッパのロマン主義のドイツでの輝かしい成果といってもよい。花咲く春から荒涼とした冬に至るまで、自然の風物は主人公の内心の状態と微妙に照応し、息苦しいほどの青春の息吹は今日でもみずみずしさを失わない。若いウェルテルの悩みは、絶対者と有限な人間存在との悲劇的矛盾を象徴するということもできる。[小栗 浩]
『竹山道雄訳『若きウェルテルの悩み』(岩波文庫) ▽神品芳夫訳『若きヴェルターの悩み』(『ゲーテ全集6』所収・1979・潮出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

若きウェルテルの悩みの関連キーワードブランケンブルク(Friedrich von Blankenburg)マン(Thomas Mann、小説家)ヤコポ・オルティスの最後の手紙ドクトル・ビュルガーの運命ファウスト(ゲーテの悲劇)ドクトルビュルガーの運命U. プレンツドルフ若きウェルターの悩みゲーテ(年譜)プレンツドルフウェッツラーゲーテハウスイッヒロマンフォスコロウェツラーインゲマンカロッサ神品芳夫国松孝二古典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若きウェルテルの悩みの関連情報