コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若松若太夫 わかまつわかたゆう

2件 の用語解説(若松若太夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若松若太夫
わかまつわかたゆう

[生]1874. 熊谷
[没]1948
説経節の太夫。本名は松崎大助。薩摩 (若松) 辰太夫の門弟。芳太夫,崎太夫を経て,1902年若松若太夫と名のった。 08年美音会に出演し,『小敦盛一代記捨て子の段を語り,説経節の芸術的地位を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わかまつわかだゆう【若松若太夫】

説経節の太夫。初世と2世がある。(1)初世(1874‐1948∥明治7‐昭和23) 本名松崎大助。埼玉県熊谷市出身。家は農商兼業であったが,祖父が観世流能の師匠,父は祭文の名人という環境から11歳で説経節を志して上京,〈説経祭文〉の薩摩辰太夫に入門した。天性と修業が相まって習熟し,16世家元を称したが,1902年義太夫節,新内節,講釈などの詞章曲節を加味して〈改良説経節〉を称して若松派を創立,名も若松若太夫と改めて初世家元となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

若松若太夫の関連キーワード五説経結城孫三郎結城座説経太夫竹本大隅太夫江戸孫四郎薩摩若太夫(初代)若松若太夫(初代)豊竹此太夫名見崎徳治

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若松若太夫の関連情報