コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茗荷・蘘荷 みょうが

大辞林 第三版の解説

みょうが【茗荷・蘘荷】

〔「芽香めが」の転という〕
ショウガ科の多年草。暖地の林中に生え、野菜として栽培もされる。葉は広披針形。夏、地下茎の先から花序が出、淡赤褐色の苞片が多数重なって卵形となり、苞の間から淡黄色の花が次々と出る。独特の香りがあり、開花前の苞と若い茎を食用とする。鈍根草。古名メガ。 〔「茗荷の花」は [季] 秋〕 → 茗荷竹茗荷の子
〔茗荷を食べると忘れっぽくなるという俗説から〕 おろかな人。
家紋の一。茗荷の花芽や花を図案化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茗荷・蘘荷の関連キーワード茗荷