コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武山古墳 あぶやまこふん

8件 の用語解説(阿武山古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿武山古墳
あぶやまこふん

大阪府高槻市奈佐原の茨木市との境にある阿武山の尾根の頂端 214mのところにある古墳。花崗岩と 塼で造った横穴式石室で,壁面には漆喰を塗ってあり,夾紵棺 (きょうちょかん) が安置されていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阿武山古墳

京都大の地震観測施設の建設の際に発見された。棺は麻布を漆で塗り固めた最高級の夾紵棺(きょうちょかん)で、錦をまとった熟年男性の遺骸やガラス玉を編んで作った玉枕、冠帽などが入っていた。

(2013-12-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あぶやま‐こふん【阿武山古墳】

大阪府高槻市の阿武山の丘陵部にある7世紀後半の古墳。石室内部から男性の遺体を納めた夾紵(きょうちょ)棺が発見された。藤原鎌足の墓とする説が有力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿武山古墳【あぶやまこふん】

大阪府高槻市・茨木市にある7世紀ごろの古墳。直径約80mの円墳。花コウ岩と磚(せん)でつくられた石棺式の石室には夾紵(きょうちょ)棺(漆で塗りかためた布を重ねてつくった棺)が安置され,棺内からは推定年齢60歳の男性遺体,冠帽(かんぼう)・玉枕(たままくら)が出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あぶやまこふん【阿武山古墳】

大阪府高槻市奈佐原にある阿武山山頂から南にのびる尾根の突端部にある墳墓(史跡)。1934年発見。墳丘には顕著な盛土はなく,わずかに高さ数十cmの段をめぐらした直径82mの円墳である。墓室は花コウ岩と塼(せん)で構築した石棺式石室で,床も石と塼を敷く。高さ30cmの塼積みの棺台を作り,棺台・床・四壁とも漆喰塗で仕上げる。石室の内法は長さ257.5cm,幅110cm,高さ119cm,扉石は花コウ岩の板石をたてかけ,空隙を石材と塼で埋める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あぶやまこふん【阿武山古墳】

大阪府高槻市阿武山丘陵にある七世紀の円墳。石室から夾紵きようちよ棺を発掘。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

あぶやまこふん【阿武山古墳】


大阪府高槻市奈佐原と茨木市安威(あい)にまたがる古墳。大阪府北部の三島地方のほぼ中央にある阿武山の丘陵末端、標高約210mのところに築かれた。通常の古墳にあるような盛り土はなく、浅い溝で直径82mの円形の墓域を形成している。石室は地表約1.5mのところにあり、上が瓦で覆われ地表と同じ高さになるように埋め戻されていた。内部には棺台があり、夾紵棺(きょうちょかん)が日本で初めて発見された。「貴人の墓」として一般公開され、保存上の問題から再埋葬されたが、わが国の墓制を考えるうえで重要な古墳であることから、1983年(昭和58)に国の史跡に指定された。墳丘は山の尾根を利用して造られており、墓域を画する溝は東西約84m、南北約80mの円を描いているが、一部省略され一巡はしていない。花崗岩と塼(せん)で構築された石棺式石室の内法は、長さ2.575m、幅1.1m、高さ1.19mで、床面、棺台、四壁とも厚さ1.5cmの漆喰(しっくい)が塗られ、夾紵棺は漆で布を何層にも固めて作られ、外が黒漆、内部が赤漆で塗られている。棺のなかから60歳前後、推定身長約165cmの男性の遺骨が仰臥伸展葬の状態で発掘され、ガラス玉を編んで作った玉枕のほか、遺体が錦を身にまとっていたこと、胸から顔面、頭にかけて金の糸が散らばっていたことが確認された。古墳周辺は1989年(平成1)に史跡公園として整備された。JR東海道本線摂津富田駅から市バス「奈佐原」下車、徒歩約35分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿武山古墳
あぶやまこふん

大阪府高槻(たかつき)市阿武山から延びる丘陵頂部につくられた7世紀後半の古墳。1934年(昭和9)と1982年(昭和57)の調査によると、溝で画された直径80メートルの墓域の中央には地面を1辺18.5メートルの方形にわずかに削り出した区画がある。この下に長さ2.6メートル、幅1.1メートル、高さ1.2メートルの石室を地下に埋める。石室は花崗(かこう)岩と(せん)を積み上げ、表面には漆食(しっくい)を塗る。せん積みの棺台には脱活乾漆(だっかつかんしつ)の夾紵棺(きょうちょかん)(麻布を重ね漆で張り固める)が完存していた。内部に、衣服をまとい、銀線で連珠したガラス玉を芯(しん)とする玉枕(たままくら)をした老人男性の遺骸(いがい)があり、頭部から顔面にかけて金箔(きんぱく)を螺旋(らせん)状に巻いた金糸が発見された。最初の調査後、棺は再埋葬された。『多武峯(とうのみね)略記』などによって中臣鎌足(なかとみのかまたり)墓とする説が有力である。[猪熊兼勝]
『梅原末治著『摂津阿武山古墓調査報告』(1936・大阪府)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿武山古墳の関連キーワード大阪府茨木市安威大阪府高槻市安満新町大阪府高槻市下大阪府高槻市奈佐原大阪府高槻市奈佐原元町大阪府高槻市成合大阪府茨木市西安威大阪府高槻市原大阪府茨木市東安威大阪府茨木市南安威

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿武山古墳の関連情報