コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋四郎次郎(2代) ちゃや しろうじろう

2件 の用語解説(茶屋四郎次郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茶屋四郎次郎(2代) ちゃや-しろうじろう

?-1603 織豊時代の豪商。
初代茶屋四郎次郎の長男。徳川家康につかえ,呉服用達(ようたし)のほか諸事御用にかかわった。また上方町人御礼を支配し,京都町方取締として総町頭役をつとめた。慶長8年4月1日死去。名は清忠。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

茶屋四郎次郎(2代)

没年:慶長8.4.1(1603.5.11)
生年:生年不詳
近世初頭の京都町方頭役。名は清忠。父初代四郎次郎清延,母藤原宗輔の娘の長男。慶長1(1596)年父より家督を相続し,父と同様徳川家康の戦陣に従軍し,諸事御用を務めた。関ケ原の戦(1600)後,茶屋新四郎らと家康に呼ばれ,京都町中の治安を尋ねられ,「京洛殊の外騒動の由」申し上げたことが,京都所司代設置の動機になったと伝えている。京都所司代板倉勝重が就任すると,清忠は重用され,京都の町割に関係し,また上方五カ所(京都,大坂,奈良,堺,伏見をいう)町人の御礼支配や,京都町方元締として惣町頭役を務めた。家康のもとで上方町人の把握と封建都市の形成に貢献している。なお妻帯することもなく早世した。<参考文献>「茶屋文書」(京都市茶屋武郎氏蔵)

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

茶屋四郎次郎(2代)の関連キーワードエリザベス徳川家康ジェームズ[1世]横田村詮エリザベス徳川家康スチュアート朝つる座徳川氏エリザベス朝演劇

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone