コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋四郎次郎(2代) ちゃや しろうじろう

2件 の用語解説(茶屋四郎次郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茶屋四郎次郎(2代) ちゃや-しろうじろう

?-1603 織豊時代の豪商。
初代茶屋四郎次郎の長男。徳川家康につかえ,呉服用達(ようたし)のほか諸事御用にかかわった。また上方町人御礼を支配し,京都町方取締として総町頭役をつとめた。慶長8年4月1日死去。名は清忠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

茶屋四郎次郎(2代)

没年:慶長8.4.1(1603.5.11)
生年:生年不詳
近世初頭の京都町方頭役。名は清忠。父初代四郎次郎清延,母藤原宗輔の娘の長男。慶長1(1596)年父より家督を相続し,父と同様徳川家康の戦陣に従軍し,諸事御用を務めた。関ケ原の戦(1600)後,茶屋新四郎らと家康に呼ばれ,京都町中の治安を尋ねられ,「京洛殊の外騒動の由」申し上げたことが,京都所司代設置の動機になったと伝えている。京都所司代板倉勝重が就任すると,清忠は重用され,京都の町割に関係し,また上方五カ所(京都,大坂,奈良,堺,伏見をいう)町人の御礼支配や,京都町方元締として惣町頭役を務めた。家康のもとで上方町人の把握と封建都市の形成に貢献している。なお妻帯することもなく早世した。<参考文献>「茶屋文書」(京都市茶屋武郎氏蔵)

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶屋四郎次郎(2代)の関連キーワード京都町奉行茶屋四郎次郎平安京町方頭役河原乞食近古史談地方頭人奉教人前挽き

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone