コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒屋遺跡 あらやいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒屋遺跡
あらやいせき

新潟県長岡市南部に所在する旧石器文化の遺跡。1958年,芹沢長介が発掘調査し,細石刃,細石刃核,石刃,荒屋型彫器,石鏃などの石器組成が明らかにされた。この細石刃の製作法は,東北地方,北海道から周辺大陸に広く分布する湧別技法の系統に属し,相互の文化的関連性を示すものとして注目される。国の史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらやいせき【荒屋遺跡】

新潟県北魚沼郡川口町西川口字荒屋に所在する旧石器時代終末期の遺跡。信濃川と魚野川の合流点に臨む。1959年芹沢長介が発掘し,細石刃を特色とする石器群を発見した。包含層は,表土(黒色腐植土)の下の黄褐色砂質土層であり,ローム層の水成二次堆積層と考えられる。細石刃676,石刃2,彫刻器401,鏃形石器4,舟底形細石刃核24など合計2189点が出土したが,さらに発掘点数を上回るほどの表面採集品があり,エンド・スクレーパーや細石刃の製作工程に生ずる〈スキー・スポール〉がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

あらやいせき【荒屋遺跡】


新潟県長岡市西川口にある石器時代の集落跡。信濃川と魚野川の合流点を望む段丘上に位置し、1957年(昭和32)に発見され、翌年に第1次調査が行われ、その後、4次にわたって調査が実施された結果、遺跡の範囲は東西約100m、南北約50mで、竪穴(たてあな)住居のような遺構と土坑23基が確認されるとともに、約10万点の石器が出土した。これらには細石刃(さいせきじん)、湧別(ゆうべつ)技法による楔(くさび)形細石刃核、幌加(ほろか)技法による舟底形細石刃核、彫刻刀形石器(彫器)、スクレイパー(薄片石器)類などが多数含まれ、後期旧石器時代終末の細石刃文化期の典型的な石器群の様相を示していた。荒屋型と名づけられた彫刻刀形石器と楔形細石刃核の組み合わせは、北東アジアの旧石器文化研究上で重要な指標となっており、バイカル湖周辺地域から、中国、朝鮮、アラスカに広がっている。北方系細石刃文化と旧石器時代末期における人類集団の拡散を如実に示していることなどから重要とされ、2004年(平成16)に国の史跡に指定された。JR上越線ほか越後川口駅から車で約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒屋遺跡
あらやいせき

新潟県長岡(ながおか)市西川口にある旧石器時代末期の遺跡。細石刃(さいせきじん)文化の石器である細石刃、削片(さくへん)、彫刻器、舟底形細石刃核、掻器(そうき)など2000点余りが、1958年(昭和33)芹沢長介(せりざわちょうすけ)によって発掘調査された。遺跡は信濃(しなの)川の河岸段丘上にあるが、遺物はローム質黄褐色砂層に包含されており、貯蔵穴状の遺構も検出された。この遺跡の特徴は、荒屋型彫刻器とよばれる、先端の右肩から左方向に樋状剥離(といじょうはくり)を加えて加工した刃部をもつ独特な頁岩(けつがん)製石器を伴うことと、舟底形細石刃核の存在である。この特色は、北海道から北方大陸に分布する石器文化に関係をもつものといわれ、その南限を示すものとして注目される。[麻生 優]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荒屋遺跡の関連キーワード東大寺領横江荘遺跡石川県金沢市上荒屋麻生幌加

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android