萩反射炉(読み)はぎはんしゃろ

国指定史跡ガイドの解説


山口県萩市椿東(ちんとう)にある反射炉。萩三角州の北東部の丘陵上にある。反射炉は、1856年(安政3)に長州藩が艦船・大砲などを造るための金属熔解用に築き、試験を行ったと推測されている。高さは11.5mあり、頂上に向かって9mまでは玄武岩と赤土とを用いているが、先端の2.5mは大きな煉瓦を使用している。上部5mは2本の煙突に分かれている。丘陵の東側は2段に石垣を築き、全体が補強されている。近世の反射炉で現存しているものは、静岡県の韮山(にらやま)に築造されたものとここの2基だけである。わが国の産業史上、貴重な遺跡であり、長州藩の幕末における軍備充実の熱意がうかがえる。1924年(大正13)に国の史跡に指定された。JR山陰本線東萩駅からコミュニティバス「萩しーまーと」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

百科事典マイペディアの解説

山口県萩市,萩漁港の東にある反射炉伊豆韮山反射炉とともに,日本に現存する2ヵ所の反射炉のうちの1つ。萩藩が海防のため,より頑丈な鋼鉄大砲を製造することを目的として1858年に築造。高さ約11m,基部から高さ9mまでは玄武岩赤土を積み上げて造られ,上部煙突は2本となり,先端の2mほどは煉瓦積みとなっている。萩藩の記録で操業は確認できるが,実際に大砲を鋳造した記録はなく,試験炉と考えられている。2015年,〈明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業〉の構成資産の1つとして世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android