コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萵苣 チサ

デジタル大辞泉の解説

ちさ【萵苣】

ちしゃ(萵苣)

ちしゃ【萵苣】

キク科の野菜。高さ約90センチ。夏、黄色の頭状花を開く。ヨーロッパの原産で、葉を食用とし、レタスサラダ菜カキチシャタチヂシャサンチュなどの種類がある。結球するものを球チシャ、結球しないものをカキチシャ・葉チシャなどとして区別する。ちさ。 春 花=夏》「生魚(なまざかな)すぐ飽き―を所望かな/茅舎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

萵苣(ちしゃ)

長野県、東信地方のJA佐久浅間が企画・販売する焼酎(乙類)の商品名。仕込みは同県佐久市の芙蓉酒造。レタスを主原料に、米と米こうじを加えて発酵させ、蒸留したもの。2004年発表。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちさ【萵苣】

チシャの別名。 [季] 春。
チシャノキの別名。

ちしゃ【萵苣】

キク科の一年草または二年草。地中海沿岸地方原産。葉はやや苦味と甘味があり、野菜として栽培される。葉は根生し、幅が広く、結球するものとしないものがある。日本で古くから栽培されたのはカキヂシャという結球しない種類で、下の方から葉をかき取って用いる。結球性のタマヂシャは明治以後輸入されてレタスと呼ばれ、普及した。ほかにタチヂシャ・サラダナなどがある。チサ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

萵苣の関連キーワードリーフレタスタマヂシャカキヂシャエンダイブマーシュ珊瑚樹菜萵苣の木長野県不断草球萵苣炙り物別名葉広

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萵苣の関連情報