コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉山信仰 はやましんこう

世界大百科事典 第2版の解説

はやましんこう【葉山信仰】

東北地方南部を中心に分布する作神的性格をもつ信仰。葉山端山,羽山,麓山などと記されるが,奥山や深山(みやま)に対する里近くの端山を意味する。多くは村はずれの山の上に小祠を設けてまつられ,祭神を羽山祇神,少彦名(すくなびこな)命とし,薬師如来本地と説く。山形県村山市の葉山からの勧請(かんじよう)をいう社もあるが,葉山修験との直接の関係を示す史料は見いだせない。葉山信仰の特徴は作占における託宣儀礼にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

葉山信仰の関連キーワード大麻山

葉山信仰の関連情報