コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓬左文庫 ホウサブンコ

百科事典マイペディアの解説

蓬左文庫【ほうさぶんこ】

名古屋市東区にある市立の専門図書館。徳川家康旧蔵の〈駿河御譲本〉のうち尾張藩への分与分を中心に,尾州徳川家に伝わった書籍を伝えるほか,江戸文学の〈尾崎久弥コレクション〉などがある。
→関連項目森銑三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうさぶんこ【蓬左文庫】

正称は名古屋市蓬左文庫。〈蓬左〉は名古屋の別名。尾張徳川家の文庫の後身で,好学の大名として知られる初代義直により,元和年間(1615‐24)名古屋城二ノ丸に創設された。明治以後は大曾根(現,名古屋市東区徳川町)の徳川家別邸内に保存,1934年には東京都豊島区の同家本邸構内に移されたが,50年名古屋市に譲渡,旧別邸の跡地にもどり,翌年から公開された。蔵書数は約8万点(1984),大部分和漢の古書で,蘭書や古絵図(国絵図,城絵図など)も少なくない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうさぶんこ【蓬左文庫】

旧尾張藩徳川家の蔵書を収めた文庫。名古屋市東区の旧徳川邸跡にあり、藩祖義直が分与された家康の蔵書を中心に、藩校明倫堂の蔵書などを加え和漢書約八万点を収蔵。朝鮮古活字版も多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蓬左文庫の言及

【図書館】より

…また家康は林羅山に命じて駿府(すんぷ)城内に文庫をつくらせた(駿河文庫)。のちにこの蔵書は3分されて尾張の蓬左(ほうさ)文庫,水戸の彰考館文庫,紀州の南葵(なんき)文庫となる。なお家康は江戸城内にも,1602年(慶長7),富士見亭文庫なるものをつくらせているが,のち場所を移して紅葉山(もみじやま)文庫となった。…

※「蓬左文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓬左文庫の関連キーワード愛知県名古屋市東区徳川町茶屋新四郎(初代)名古屋市博物館小酒井 不木森 銑三楽学軌範和漢書

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓬左文庫の関連情報