蔵司(読み)くらのつかさ

精選版 日本国語大辞典「蔵司」の解説

くら‐の‐つかさ【蔵司】

令制後宮十二司の一つ。神璽関契御服などをつかさどる役所。職員に尚蔵(くらのかみ)一人、典蔵(くらのすけ)二人、掌蔵(くらのじょう)四人、女嬬(にょうじゅ)一〇人がいる。くらづかさ。ぞうし。〔令義解(718)〕

ぞう‐し ザウ‥【蔵司】

〘名〙 令制の後宮十二司の一つ。尚蔵(准正三位)一人、典蔵(准従四位)二人、掌蔵(准従七位)四人、ならびに女孺一〇人からなる。神璽(しんじ)、関契、御服などをつかさどる役所。くらのつかさ。

くら‐づかさ【蔵司】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蔵司」の解説

ぞう‐し〔ザウ‐〕【蔵司】

律令制後宮十二司の一。神璽しんじ三関さんかん割符天皇皇后衣服などをつかさどった役所。くらづかさ。

ぞう‐す〔ザウ‐〕【蔵司】

蔵主ぞうす居室。また、蔵主。

くら‐づかさ【蔵司】

ぞうし(蔵司)

くら‐の‐つかさ【蔵司】

ぞうし(蔵司)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android