コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵書票 ゾウショヒョウ

6件 の用語解説(蔵書票の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞうしょ‐ひょう〔ザウシヨヘウ〕【蔵書票】

書物の所蔵者を示すため、表紙裏などにはる紙片。エクスリブリス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蔵書票【ぞうしょひょう】

欧米の蔵書家が所蔵本に貼付(てんぷ)するために作ったラベル。意匠をこらした図案や好きな字句とともに,〈エクス・リブリスex libris〉(〈だれそれの蔵書から〉の意のラテン語)の語と自分の名を入れて印刷し,所蔵本の表紙裏に貼付する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうしょひょう【蔵書票】

本の表紙裏にはりつける小紙片で,所蔵者の好む図案をほどこし,所蔵者名のほか,書物に関する標語などを印刷したもの。まれに皮片を用いることもある。ラテン語のエクス・リブリスex librisは〈だれそれの蔵書から〉の意。英米では,〈ブックプレートbookplate〉ともいい,最近日本では単に〈書票〉という場合もある。15世紀の中期,ヨーロッパではじめて用いられたが,東洋でもそれとは関係なしに,17世紀ころから蔵書印の一種として使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵書票
ぞうしょひょう
bookplate

図書の所蔵者を明示するために、図書の見返しなどに貼(は)るラベル。エクス・リブリスex libris(ラテン語、「~の蔵書から」の意)ともいう。所蔵者名は、図柄のなかにはっきりと示されていることもあるし、図柄と標語で暗示したりすることもあるが、いずれにしても銅版、木版、石版などで趣味を凝らして刷られている。そのほか、大学図書館が図書の寄贈者に対して感謝の気持ちを表すために貼るラベルも一種の蔵書票である。ヨーロッパでは15世紀中ごろ以来の習慣であるが、日本では蔵書印ほど一般的ではない。[高野 彰]
『寿岳文章著『書物の共和国』(『寿岳文章・しづ著作集6』1970・春秋社) ▽樋田直人著『蔵書票の美』(1986・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

蔵書票

所有者を明らかにするために本の見返しに貼付する,小さな紙片.書票ともいう.一般に所有者名とともに紋章,標語,金言,図柄,絵などが美しくデザインされている.15世紀の中頃ヨーロッパで始まり,日本には明治期にもたらされた.特別のコレクションや個人の愛蔵書などに使われることが多い.製作技法は多様で,ことに日本独自の伝統を生かした板目木版,型染,孔版などによる多色刷りの作品は,小版画,小美術品として愛好者も多い.日本書票協会,国際書票連盟(FISAE: Fédération Internationale des Sociétés d’Amateurs d’Ex-Libris)がある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵書票の関連情報