薪水給与令(読み)しんすいきゅうよれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「薪水給与令」の解説

薪水給与令
しんすいきゅうよれい

幕末,外国船処遇に関する江戸幕府の命令。文化文政期 (1804~30) 以降,ヨーロッパ諸国の商船や捕鯨船が頻繁に日本近海に出没するようになり,日本各地に寄港して薪や食料の補給を求めた。鎖国体制下の幕府は寛政3 (1791) 年漂着船が臨検を拒んだ場合有無に及ばず船を打払い,人を切捨てよと命じたが,文化3 (1806) 年にはロシア船取扱いを契機に漂着異国船には薪水を供給して帰帆をさとすべきことを命じた。さらにフェートン号事件が起ると,文政8 (25) 年異国船打払令を出すにいたった。しかし阿部正弘老中になると,アヘン戦争国が敗れたという情報などをえて攘夷の不得策を知り,外国側の要求どおり,天保 13 (42) 年7月,文化3年の取扱いを復活して必需品を供給することを命じた。薪水給与令とは普通この天保 13年の命令をさし,開国政策への一段階をなした。 (→開国 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「薪水給与令」の解説

薪水給与令
しんすいきゅうよれい

1842(天保13)年,江戸幕府が渡来した外国船に燃料・食料を給与するように定めた法令
1825(文政8)年以来の異国船打払令を廃して新たに定めたもので,アヘン戦争で清国が敗れたことと,天保の改革進行が幕府の外交方針変更の背景となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「薪水給与令」の解説

しんすいきゅうよ‐れい〔シンスイキフヨ‐〕【薪水給与令】

天保13年(1842)に発布された江戸幕府の法令。モリソン号事件や、アヘン戦争の清国敗戦により、それまでの異国船打払令を緩和して、来航した外国船に薪水・食料を与えて退去させることにしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「薪水給与令」の解説

しんすいきゅうよれい【薪水給与令】

江戸幕府が,1842年(天保13)7月に異国船打払令を撤廃し,来航した外国船には薪水,食料を与え,速やかに退去させることを命じた法令。モリソン号事件(1837)により打払令が国際的紛争を招きやすい危険な政策であることが露呈し,1840年開戦のアヘン戦争の情報,同戦争終結ののちイギリスが日本に艦隊を派遣するとの情報により危険性がさらに強まり,対外紛争回避のため,幕府は対外方針を変更した。【藤田

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android