コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬草治療は世界の潮流 やくそうちりょうはせかいのちょうりゅう

1件 の用語解説(薬草治療は世界の潮流の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

やくそうちりょうはせかいのちょうりゅう【薬草治療は世界の潮流】

日本では、この数年来、空前ともいうべきハーブブームが訪れています。ハーブティーをはじめ、ハーブの香りを生かした料理やお菓子は、女性を中心に人気の的。それとともに、アロマテラピーに代表されるハーブを用いた健康にも、大きな注目が集まるようになりました。
 こうした、昨今のハーブブームは、じつは日本にかぎったことではありません。欧米諸国のあいだでも、ハーブに対する注目度は、確実に上昇しているのです。
 私たち日本人は、病気の治療というと、すぐに現代医学に基づいた治療法を思い浮かべます。しかし、世界的な医療の趨勢(すうせい)をみてみると、現代医学による治療は全体の3割程度でしかありません。残りの約7割は、ハーブや薬草を用いた伝統的な治療法です。そして、こうした伝統医療のもつ重要性に、最近、あらためて大きな注目が集まるようになっています。
 WHO(世界保健機関)でも、現代医学による治療は、コスト面で非常に負担が大きいうえ、医師などの人材も不足していることから、現代医学主体の方向性を転換。インドのアーユルヴェーダやイギリスホメオパシーなどといった、薬草を主体とする伝統医療を重視するようになってきました。たとえば、インドネシアアマゾンなどの治療では、現地で伝統的に医療を受けもってきたシャーマン(霊媒師、巫女(みこ))たちに、薬草を用いた医療法を教え、これを現地医療の柱にするという方針をとっています。
 また、先進医療の中心地であるアメリカでも、現代医学の薬はコストがかかって高価なうえ、副作用の問題も少なくないことから、ハーブや薬草を用いた代替医療に注目が集まっています。
 こうした世界的なハーブ医療ブームのなかで、とくに注目を集めているのが、以下にあげるハーブです。
ゴールデンシール
おもな効用・利用法/カタル性疾患、月経障害、軽度の坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)リウマチの痛み、筋肉痛の治療薬として使用。洗眼薬の原料にも用いられる。
エゾウコギ
おもな効用・利用法/興奮、強壮、食欲増進、腰部の疼痛(とうつう)緩和、リウマチの治療薬として使用。最近では、体調をととのえ、集中力を高める作用も実証されている。
◇マリアアザミ
おもな効用・利用法/近年、肝臓疾患への治療効果が確認されている。肝疾患、黄疸(おうだん)、胆石(たんせき)、腹膜炎(ふくまくえん)、せき、気管支炎、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)、子宮のうっ血の治療に使用。
◇ノコギリヤシ
おもな効用・利用法/種子は膀胱(ぼうこう)、尿道、前立腺(ぜんりつせん)の炎症治療に使用。果実は栄養価が高く、消耗性疾患や気管支炎の治療のほか、利尿剤にも用いられる。
 このほかに、近年注目の薬草には、「エキナシア」や「セントジョーンズウォート」、「キャッツクロー」、「イチョウ葉(イチョウ葉エキス)」などがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

薬草治療は世界の潮流の関連キーワード切手点前亀鑑近年空前年来言うべきにもあらず降冪昇冪引きはこゆ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone