コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原利仁 ふじわらのとしひと

5件 の用語解説(藤原利仁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原利仁
ふじわらのとしひと

平安時代中期の鎮守府将軍。藤原北家魚名の6世の孫。鎮守府将軍時長の子。摂関家藤原氏に仕え,延喜年間 (901~923) 上野介,上総介,武蔵守,鎮守府将軍などを歴任。武勇の伝説が多い。『今昔物語集』に彼に関する説話があり,芥川龍之介の小説『芋粥 (いもがゆ) 』の原典となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原利仁 ふじわらの-としひと

?-? 平安時代中期の武人。
北家藤原魚名の子孫で,父は藤原時長。上野介(こうずけのすけ),上総(かずさの)介をへて延喜(えんぎ)15年(915)鎮守府将軍となる。越前(福井県)敦賀(つるが)の豪族有仁の娘婿となり,越前・加賀斎藤氏の祖とされる。伝説的な武勇の人で,「今昔物語集」などに説話がおおい。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原利仁

生年:生没年不詳
平安中期の武人。鎮守府将軍民部卿時長と越前国人秦豊国の娘の子。魚名の孫。上野介,上総介を経て延喜15(915)年,鎮守府将軍。伝説的な人物として知られ,『今昔物語集』には,「心猛クシテ其ノ道(武勇)ニ達セル者」とあり,新羅征討を命じられたが,かの地にいた円珍に調伏された話を記す。また藤原基経に仕える「五位」という男に大量の芋粥を馳走した話は,芥川竜之介によって小説化されて有名(『芋粥』)。源頼朝は文治5(1189)年,平泉(岩手県平泉町)を攻撃しての帰路,達谷窟に立ち寄った際,坂上田村麻呂と共に悪路王を討った利仁の武勇譚を聞いている(『吾妻鏡』)。南北朝時代に成立した『尊卑分脈』ではさらに誇張され,「海路を飛ぶこと翅在るが如し。人おもえらく,神の化せし人かと」と記され,『鞍馬蓋寺縁起』など利仁を鬼神や悪賊退治のヒーローとした物語は数多い。越前国の豪族有仁の娘婿になったという話もあり,敦賀市御名には利仁の館跡がいまも伝えられる。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのとしひと【藤原利仁】

平安中期の伝説的な武将。生没年不詳。藤原魚名(うおな)の後裔,民部卿時長の子。母は越前の人秦豊国の女。越前敦賀(つるが)の豪族有仁の女婿となった。上野介,上総介,武蔵守などを歴任。この間915年(延喜15)には鎮守府将軍として下野国高座(たかくら)山のほとりに結集した群盗を鎮圧したと伝えられる。《今昔物語集》をはじめとする説話類には,新羅征討将軍に任ぜられて途中で頓死した話,芥川竜之介の《芋粥》の原型となった話などがみえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原利仁
ふじわらのとしひと

生没年不詳。平安初期の貴族。北家魚名(ほっけうおな)流、民部卿(きょう)時長(ときなが)の子。斎藤、加藤、後藤、進藤などの藤原氏流中世武士の祖。なお、母は越前(えちぜん)国住人の女(むすめ)と伝えられ、子孫の一部は北陸地方に盤踞(ばんきょ)した。911年(延喜11)以降、上野(こうずけ)、上総(かずさ)、武蔵(むさし)などの東国国司(こくし)を歴任し、915年には、「海路を飛ぶこと翅(つばさ)ある人の如(ごと)し、もって神化人(しんかのひと)となす」という伝説のある父時長と同様、鎮守府(ちんじゅふ)将軍に任じられた。彼自身の逸話としては、「芋粥(いもがゆ)」の説話(今昔(こんじゃく)物語)が有名であるが、そのほか、坂東(ばんどう)における「異類」討伐の軍略(鞍馬(くらま)寺縁起)、新羅(しらぎ)討伐への発遣と狂死(今昔物語)など、対外関係の面での説話も重要である。[保立道久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原利仁の言及

【坂上田村麻呂】より

…《吾妻鏡》は田谷窟(たつこくのいわや)(現,達谷窟)について述べる中に〈田村麿・利仁等の将軍〉が蝦夷征伐のとき,敵主悪路王(あくろおう)・赤頭(あかがしら)たちがこの窟に柵を構えたとし,のち,田村麻呂が窟前に堂を建て西光寺と号して,鞍馬に模して多聞天(毘沙門天)像を安置した(文治5年(1189)9月28日条)と伝える。《鞍馬寺縁起》に藤原利仁が鞍馬の毘沙門天の加護で下野国の群盗を平定した由が見えるから,《吾妻鏡》の記事は田村麻呂伝承が利仁伝承や鞍馬の毘沙門天信仰とも交渉をもっていたことを示している。《元亨釈書》延鎮伝は田村麻呂が清水寺の勝軍地蔵・勝軍毘沙門の加護により奥州の逆賊高丸を討ったとし,《神道集》巻四や《諏方大明神画詞》などは諏訪明神の神徳によって蝦夷の長〈悪事(あくじ)の高丸〉または〈安倍高丸〉を平定したとする。…

※「藤原利仁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原利仁の関連キーワード監使鎮守府将軍鎮東将軍民部卿小野春泉坂上好蔭塩乗津彦平維良道嶋御楯安倍猨嶋墨縄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone