コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤山愛一郎 ふじやまあいいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤山愛一郎
ふじやまあいいちろう

[生]1897.5.22. 東京
[没]1985.2.22. 東京
実業家,政治家。慶應義塾大学を中退。父藤山雷太大日本製糖社長を継ぐ。 1941年東京商工会議所会頭。第2次世界大戦後も公職追放解除後,51年日本航空会長,東商および日本商工会議所会頭となり,政財界に大きな発言権をもった。 57年岸首相の要請で外相に就任。日米安全保障条約改定の当事者となる。 70年からは松村謙三に代って日中友好を促進,復交に意欲を燃し,超党派の「日中国交回復議員連盟」「日本国際貿易促進協会」の会長となった。 76年政界を引退。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

藤山愛一郎【ふじやまあいいちろう】

財界出身の政治家。東京生れ。慶応大学中退。1934年父の後を継いで大日本精糖社長となり,第2次大戦後は日本航空会長,日本商工会議所会頭など常に財界トップにいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤山愛一郎 ふじやま-あいいちろう

1897-1985 昭和時代の実業家,政治家。
明治30年5月22日生まれ。藤山雷太(らいた)の長男。昭和9年大日本製糖社長となり,16年東京商工会議所・日本商工会議所会頭。戦後,公職追放をへて,32年から岸内閣の外相をつとめ日米安保条約改定をすすめる。33年衆議院議員(当選6回,自民党)。日中国交回復につくした。昭和60年2月22日死去。87歳。東京出身。慶応義塾中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじやまあいいちろう【藤山愛一郎】

1897‐1985(明治30‐昭和60)
財界出身の政治家。経済界の巨頭藤山雷太(1863‐1938)の長男として東京に生まれた。慶応大学法学部中退。父のあとを継ぎ1934年に大日本製糖の社長となり,41年,44歳の若さで東京商工会議所会頭,日本商工会議所連合会会長に就任した。第2次大戦後は公職を追放されたが,50年の追放解除後,経済同友会代表,51年日本航空会長,東商会頭,日商会頭となって長い間財界トップの座にあった。57年,かねて親交のあった岸信介首相の強い要請を受けて外相に就任,58年の総選挙で当選し政界に入った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤山愛一郎
ふじやまあいいちろう
(1897―1985)

実業家、政治家。東京生まれ。財界首脳藤山雷太(らいた)の長男。慶応義塾大学政治学科を病気のため中退。大日本製糖(大日本明治製糖の前身)、日東化学工業(1998年三菱レイヨンに吸収合併)の社長を経て1941年(昭和16)日本商工会議所会頭。1942年海軍省顧問として南方占領地を視察。1944年東条英機(ひでき)内閣打倒を図る。第二次世界大戦敗戦後、公職追放となり、1950年(昭和25)解除。1956年日比賠償会議全権委員として協定調印。1957年7月から第一次・第二次岸信介(のぶすけ)内閣の外相。日米安全保障条約改定の折衝にあたった。1958年以来衆議院議員(神奈川1区)。第二次池田勇人(はやと)内閣経企庁長官、自民党総務会長を歴任。日中国交回復に尽力する一方、1964年以降政権担当を企図して池田、佐藤栄作と争って敗北し、1975年に政界を引退した。[荒 敬]
『藤山愛一郎著『私の自叙伝』(1957・学風書院) ▽藤山愛一郎著『政治わが道 藤山愛一郎回想録』(1976・朝日新聞社) ▽『私の履歴書 経済人2』(復刊・2004・日本経済新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤山愛一郎の関連キーワード日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約ローイ(Raymond Loewy)岸=アイゼンハワー共同声明シェラトン都ホテル東京インドネシア賠償交渉日本中小企業政治連盟安保条約討議記録佐藤栄作内閣慶應義塾大学細川 ちか子藤山 雷太結城豊太郎上条嘉門次自由民主党昭和時代安保闘争実業家王国権伊吹震

藤山愛一郎の関連情報