コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本清兵衛 ふじもとせいべえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤本清兵衛
ふじもとせいべえ

[生]天保12(1841).6.25. 丹波
[没]1891.10.31. 大阪
明治初期,関西で名をはせた米穀仲買商。川勝五助の5男で幼名は丑之助。 11歳で大坂に出,慶応1 (1865) 年米商住吉屋清兵衛の養子となり,4世清兵衛を名のった。藤本姓になったのは明治維新後。 1881年政府は米価調節を目的として備荒儲蓄法を制定し,米の買上げを東の三井物産と西の藤本に命じた。備荒儲蓄は 90年頃廃止されたが,この期間が清兵衛の大活躍の時期で,米の取扱高は全国で第1位となった。晩年は大阪商船会社,泉洲紡績会社などの大株主になり,取締役にも就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

藤本清兵衛の関連キーワード大和証券グループ本社(株)藤本 清兵衛(2代目)八木 与三郎6月15日八木与三郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android