コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間勘十郎(1世,家系上の) ふじまかんじゅうろう[いっせい・かけいじょうの]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤間勘十郎(1世,家系上の)
ふじまかんじゅうろう[いっせい・かけいじょうの]

[生]寛政8(1796).大坂
[没]天保11(1840)
歌舞伎舞踊の振付師,日本舞踊家。名義上は 2世。大坂の振付師瀬山家の一族に生れ藤間の養子となり,藤間大助と改名。一時養父と不和になり,のち和解したが,別家して茅場町に住み,天保2(1831)年勘十郎を継いだ。これが実質上の勘十郎家の始まりで,茅場町の藤間という。文政から天保にかけて活躍し,軽快な拍子本位の踊りの振付で,4世西川扇蔵と並び称された。代表作は『保名』『三社祭』など。なお,1世の養女よしが 2世を継ぎ,以後 5世まで代々女性が相続し,劇場との関係は絶えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

藤間勘十郎(1世,家系上の)の関連キーワード藤間大助茅場町天保藤間

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android