コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎塚古墳 とらづかこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虎塚古墳
とらづかこふん

茨城県ひたちなか市中根字指渋にある前方後円墳全長 60m,後円部の径 30m,前方部幅 35mとなっている。主体部は板石を組合せて造った横穴式石室で,全長 4.5m,幅 1.5m,高さ 1.5mで,玄室の左右の壁,奥壁に赤色塗料による壁画が描かれている。大刀,槍,甲冑などの武器,武具のほか,馬具,円文などがあり,6世紀末頃か7世紀のものと考えられている。北関東では屈指の装飾古墳として知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国指定史跡ガイドの解説

とらづかこふん【虎塚古墳】


茨城県ひたちなか市中根にある6世紀末ごろから7世紀初頭の前方後円墳。那珂(なか)川の下流に広がる台地の上に位置し、全長約60m、周囲を堀がめぐっている。1973年(昭和48)の発掘調査の結果、壁画をもつ内部主体を確認し、後円部の基底部近くに設けられた横穴式石室の玄室内壁に色彩壁画が、前方後円墳のものとしては東日本で初めて発見された。白土を下地に三角連続文、円文、渦文などの幾何学文様、大刀、槍、矢筒、楯などの武器、武具類などの絵画が赤で描いてある。1974年(昭和49)、国指定史跡となった。壁画は春3~4月と秋11月に公開されている。JR常磐線勝田駅から車で約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虎塚古墳
とらづかこふん

茨城県ひたちなか市中根大字東中根字指渋(さしぶ)の台地上にある彩色壁画をもつ前方後円墳。全長56.5メートル、後円部径32.5メートル、高さ5.5メートル、前方部最大幅38.5メートル、高さ5メートルの中型古墳。1973年(昭和48)から76年にかけて勝田市(現ひたちなか市)史編さん事業の一環として発掘調査が行われた。内部構造は、後円部南側に開口する板状の凝灰岩を用いた横穴式石室である。玄室内の壁面には白色粘土が塗られ、その上に酸化鉄の赤色顔料による幾何学文様や大刀(たち)、楯(たて)、靭(ゆき)、鞆(とも)、鐙(あぶみ)、頸(くび)飾などの具象的な壁画が描かれている。とくに円文にはコンパスが用いられている。石室床面と天井石下面も赤く彩色され、玄門部にも鋸歯(きょし)文が描かれている。石室内には一体の遺骸(いがい)とともに、大刀、刀子(とうす)、毛抜形鉄製品などが副葬されていた。7世紀初頭の築造と推定され、東日本の代表的な彩色壁画古墳であり、1974年に国指定史跡となる。[大塚初重]
『大塚初重他著『虎塚壁画古墳』(『勝田市史 別篇』1978・勝田市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の虎塚古墳の言及

【装飾古墳】より

…たとえば,福岡県日ノ岡古墳のように,抽象的文様を主とするもの,福岡県王塚古墳のように,主室の壁画は器物を主として抽象的文様を加え,前室の壁画は人馬像を主として,余白を抽象的文様でうずめたもの,福岡県五郎山古墳のように,器物と人馬犬鳥とを用いたものなどの,各種の組合せを見いだすことができる。関東地方の茨城県虎塚古墳の場合は,靫,盾,鞆(とも),大刀,矛などの器物と,三角形,円文,渦文などの文様との組合せであるが,赤1色を用いた彩画に先立って,壁面に白色粘土の下塗りを行っているのが特色である。なお,とくに1群として分けなかったが,彩画のかわりに線刻画を用いたものがあって,これには熊本県仮又(かりまた)古墳のように,多数の舟の図を重ねて描いたものが多い。…

※「虎塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

虎塚古墳の関連キーワードひたちなか市埋蔵文化財調査センター茨城県ひたちなか市ひたちなか(市)馬渡埴輪製作遺跡大塚初重

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android