蜜豆(読み)みつまめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷菓の一種さいの目に切った寒天の中に,塩ゆでにした赤えんどうと煮た干しあんずを入れ,糖蜜を掛けたものが原型。最初は場末駄菓子屋で子供向けに売られていたが,銀座の喫茶店で売出されてから大好評を博し,その後,あんを載せたあんもできた。今日では,白玉求肥,あんず,みかん,バナナいちごなどの果物類を加えたフルーツ蜜のほか,アイスクリーム類を載せたクリーム蜜豆や,カップ入りや缶詰もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ゆでた赤えんどう、さいの目切りにした寒天、求肥(ぎゅうひ)、果物などを器に盛り、糖みつをかけたもの。◇江戸末期、糝粉餅(しんこもち)で作った舟にえんどうや小さく切った糝粉餅を入れ、みつをかけたものを屋台で売っていたのが起源とされる。現在のものは、1903(明治36)年、東京・浅草の和菓子店「舟和(ふなわ)」の小林和助が考案したものとされるが、異説もある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆでた赤豌豆えんどうや寒天・求肥ぎゆうひ・白玉・果物などを盛りつけ、糖蜜をかけた食べ物。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ゆでた赤豌豆、賽の目に切った寒天、果物などを容器に盛り、蜜をかけて食べるもの。《季・夏》
※都新聞‐明治三五年(1902)一月二四日「蜜豆を買ひ来させて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜜豆の関連情報