コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹工船(文学) かにこうせん

百科事典マイペディアの解説

蟹工船(文学)【かにこうせん】

小林多喜二の小説。1929年《戦旗》に発表。駆逐艦に監視されながらオホーツク海で操業する蟹工船で働く未組織労働者たちが,過酷な労働条件に抗して立ち上がるまでの過程を集団群像として描く。
→関連項目戦旗山村聡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

蟹工船(文学)の関連キーワードプロレタリア文学蔵原惟人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android