コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行地社 こうちしゃ

4件 の用語解説(行地社の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

こうちしゃ【行地社】

1924年(大正13)大川周明・満川亀太郎らによって結成された右翼団体。社会教育研究所を設置して青年闘士の養成にあたり、軍部少壮派に接近した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

行地社【こうちしゃ】

大川周明が中心となって1925年に創立した国家主義団体。猶存(ゆうぞん)社の直系で,日本のファシズム化をめざした。学生内部にも入り込んだが,特に板垣征四郎ら軍部少壮派と関係を結びその後の軍・右翼結合の端緒となった。
→関連項目金鶏学院

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうちしゃ【行地社】

大川周明の主宰した国家主義団体。1925年〈日本の精神的政治的経済的生活を純乎として純なる日本的理想に則りて根本的に改革〉することを目的として,〈維新日本の建設〉〈国民的理想の確立〉〈有色民族の解放〉〈世界の道義的統一〉など7綱領を掲げて出発した。機関誌として月刊《日本》を発行。初め満川亀太郎笠木良明安岡正篤,西田税など猶存社の主要メンバーが集まったので,当時最も有力な国家主義団体とみられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行地社
こうちしゃ

日本の国家主義団体。国家改造を目ざす最初の結社猶存社(ゆうぞんしゃ)の分裂後、1925年(大正14)大川周明(しゅうめい)を中心に満川亀太郎(みつかわかめたろう)、笠木良明(かさぎよしあき)、安岡正篤(まさひろ)、西田税(みつぎ)らが結成。雑誌『月刊日本』を刊行し、大学寮を設けて学生・青年層に対する急進的国家主義の浸透に努めた。これを受けて各大学・高校に行地社系の学生団体が組織された。また早くから陸軍中堅将校と交流し、『月刊日本』は青年将校の間でも広く読まれた。このため行地社は、軍部主導による国家改造という、日本の急進ファシズム運動の一温床と目される。26年満川、笠木、安岡らは退社したが、笠木はのちに大連(だいれん)で大雄峰会を主宰して関東軍に協力、「満州国」の日本人地方官に強い影響力を与え、また安岡は金(きんけい)学院、国維会(こくいかい)を通じて官僚や政治家の間で今日にも及ぶ信望を築くなど、行地社系の国家主義者の人脈は厚い。行地社自体は32年(昭和7)、大衆運動を目ざして大川の結成した神武会に統合された。[岡部牧夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行地社の関連キーワード大川周明猶存社老壮会岩田富美夫岡喬笠木良明狩野敏清水行之助長野朗満川亀太郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone