行地社(読み)こうちしゃ

百科事典マイペディアの解説

大川周明が中心となって1925年に創立した国家主義団体。猶存(ゆうぞん)社の直系で,日本のファシズム化をめざした。学生内部にも入り込んだが,特に板垣征四郎ら軍部少壮派と関係を結びその後の軍・右翼結合の端緒となった。1927年内紛により分裂して衰退を続け,1932年神武会に発展的解消した。
→関連項目金鶏学院

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

大川周明の主宰した国家主義団体。1925年〈日本の精神的政治的経済的生活を純乎として純なる日本的理想に則りて根本的に改革〉することを目的として,〈維新日本の建設〉〈国民的理想の確立〉〈有色民族の解放〉〈世界の道義的統一〉など7綱領を掲げて出発した。機関誌として月刊《日本》を発行。初め満川亀太郎笠木良明安岡正篤西田税など猶存社の主要メンバーが集まったので,当時最も有力な国家主義団体とみられていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本の国家主義団体。国家改造を目ざす最初の結社猶存社(ゆうぞんしゃ)の分裂後、1925年(大正14)大川周明(しゅうめい)を中心に満川亀太郎(みつかわかめたろう)、笠木良明(かさぎよしあき)、安岡正篤(まさひろ)、西田税(みつぎ)らが結成。雑誌『月刊日本』を刊行し、大学寮を設けて学生・青年層に対する急進的国家主義の浸透に努めた。これを受けて各大学・高校に行地社系の学生団体が組織された。また早くから陸軍中堅将校と交流し、『月刊日本』は青年将校の間でも広く読まれた。このため行地社は、軍部主導による国家改造という、日本の急進ファシズム運動の一温床と目される。26年満川、笠木、安岡らは退社したが、笠木はのちに大連(だいれん)で大雄峰会を主宰して関東軍に協力、「満州国」の日本人地方官に強い影響力を与え、また安岡は金雞(きんけい)学院、国維会(こくいかい)を通じて官僚や政治家の間で今日にも及ぶ信望を築くなど、行地社系の国家主義者の人脈は厚い。行地社自体は32年(昭和7)、大衆運動を目ざして大川の結成した神武会に統合された。

[岡部牧夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android