行方市(読み)なめがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「行方市」の解説

行方〔市〕
なめがた

茨城県南東部,霞ヶ浦 (西浦) と北浦の間に位置する市。2005年麻生町,北浦町,玉造町の 3町が合体して市制常陸国国府と一宮の鹿島神宮の中間に位置したことから,水陸交通の要地として発展。南部の麻生には近世麻生藩新庄氏の陣屋が置かれ,地方の中核として繁栄した。農業が主産業で,北浦みつばとして知られるミツバ軟化栽培 (→黄化処理) をはじめ,レンコン,セリサツマイモなどの野菜やイチゴの栽培が盛ん。霞ヶ浦,北浦で産するワカサギシラウオ煮干し佃煮は特産品。霞ヶ浦の東岸ではコイなどの養殖も行なわれる。西蓮寺の仁王門,相輪塔は国指定重要文化財。霞ヶ浦湖岸の一部は水郷筑波国定公園に属する。国道354号線と 355号線が市域北西部で交差する。面積 222.48km2。人口 3万2185(2020)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「行方市」の解説

なめがた‐し【行方市】

行方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android