コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭亭序 らんていじょ Lan-ting-xu

4件 の用語解説(蘭亭序の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘭亭序
らんていじょ
Lan-ting-xu

中国,東晋の書家王羲之の散文。王羲之が永和9 (353) 年に謝安孫綽ら 41人の文人を集めて催した蘭亭曲水の宴で,出席者がつくった詩をまとめたものにつけた序文。会の由来,情景から,人生の無常を嘆じる感慨を記したもので,六朝時代の代表的散文の一つとして古来日本でも親しまれてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らんていじょ【蘭亭序】

王羲之(おうぎし)蘭亭の会のときに成った詩集「蘭亭集」に行書で書いた序文。原本は唐の太宗の陵墓に殉葬されたとされるが、種々の模本が伝わり、蘭亭帖・禊帖(けいじょう)ともよばれて行書の手本とされる。蘭亭集序。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らんていじょ【蘭亭序 Lán tíng xù】

中国,東晋の王羲之が《蘭亭集》に書いた序文。その法帖を《蘭亭帖》という。王羲之が,会稽内史在任中の永和9年(353)3月3日の節句の日に,謝安ら会稽(浙江省紹興)の名士41人が名勝蘭亭に会し,悪をはらう祭りの酒宴を催した。その時,人々のつくった詩を集め,王羲之みずから筆をふるって序文を書いた。その真跡は王羲之7世の孫にあたる僧智永に伝えられたが,唐になって,王羲之の書を酷愛する太宗の手に帰し,その遺命によって昭陵に殉葬せしめられて亡失してしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘭亭序
らんていじょ

中国、東晋(とうしん)の王羲之(おうぎし)の書。永和9年(353)3月3日、会稽(かいけい)内史であった右将軍王羲之は、謝安、許詢(きょじゅん)、孫綽(そんしゃく)らの名士を会稽郡山陰県(浙江(せっこう)省 紹興(しょうこう)市)の名勝蘭亭に招き、子の玄之・献之ら一族も加え、総勢42名で宴を催した。人々は曲水を流れ下る觴(さかずき)を手に、自作の詩を朗詠した。このときの詩27編を編んだものが『蘭亭集』であり、それに付された序が「蘭亭序」である。蚕繭紙(さんけんし)に鼠鬚筆(そしゅひつ)を用いて、王羲之自らの揮毫(きごう)になる28行、324文字。後日、何度も清書が試みられたが、即興で筆をとった最初のものには、はるかに及ばなかったという。子々孫々に伝えられ、やがて7代の孫・智永(ちえい)の弟子弁才から、王羲之書跡の熱狂的収集家であった太宗の愛蔵となる。この経過は「賺蘭亭(たんらんてい)」として有名であるが、陰謀の果ての略奪に等しいものであった。太宗の死後は、遺命によってその昭陵に陪葬されたという。現在伝えられるものは、太宗在世中に欧陽詢(おうようじゅん)、虞世南(ぐせいなん)遂良(ちょすいりょう)らに下命した臨書、あるいは搨書人(とうしょにん)による模本である。「定武本」「張金界奴本」「神龍半印本」など、その数はきわめて多い。[尾下多美子]
『宇野雪村編『蘭亭叙三種』(1981・雄山閣出版) ▽神田喜一郎・西川寧監修『書跡名品叢刊22 蘭亭叙七種』(1959・二玄社) ▽『原色法帖選5 蘭亭叙五種』(1985・二玄社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蘭亭序の言及

【王羲之】より

…その間永和9年3月3日上巳の日,この地の名勝蘭亭に集まって禊(みそぎ)を行い,曲水に杯を浮かべて宴を催したことは有名である。このとき来会者がつくった詩を集めて1巻とし,その巻首に王羲之みずからが筆をふるって書いたのが有名な《蘭亭序》である。355年退官後もこの地に住み,10年間の余生を楽しんだ。…

【双鉤塡墨】より

…これらは印刷術や写真術が発達する以前の法書複製法で,最も唐代に盛行し,唐摹本(とうもほん)というのはこれを指す。太宗(李世民)が《蘭亭序》の真本を入手してこの方法で複写させ,諸王や重臣に与えたことや,則天武后の作らせた《万歳通天真帖》などはこの例として有名である。奈良時代,日本に請来され,《東大寺献物帳》に記載のある正倉院現蔵の王羲之《喪乱帖》などはすべてこの方法によったものであるが,真跡とほとんど見分けがつかないほど精巧なことで知られている。…

※「蘭亭序」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蘭亭序の関連キーワード王羲之楽毅論十七帖入木道智永王徽之蘭亭蘭亭の会蘭亭殉葬岳玉淵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蘭亭序の関連情報