コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛生管理者 えいせいかんりしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛生管理者
えいせいかんりしゃ

従業員の健康を維持,増進,管理するため,企業内の衛生管理を行う者。健康診断による疾病の早期発見,処置,職場条件や施設などの衛生上の改善,健康相談,その他疾病などに関する資料を作成し,従業員の健康の保持にたずさわる。労務管理に関係することでもあり,その積極的な活動が望まれている。労働基準法および労働安全衛生法により,各企業内に一定数の衛生管理者をおくことが義務づけられている。その資格は医師であって,労働衛生に関する教養を有する者,または都道府県別に行われる衛生管理者試験に合格して,労働基準局長から免許を受けた者である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいせい‐かんりしゃ〔ヱイセイクワンリシヤ〕【衛生管理者】

労働者の健康障害を防止するため、職場の衛生全般を管理する人。労働衛生面から作業環境の調査、作業条件や施設の改善などを行う。労働安全衛生法により、常時 50 人以上の労働者を使用する事業場選任が義務付けられている。国家資格の衛生管理者免許、または医師・労働衛生コンサルタントなどの資格が必要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

衛生管理者【えいせいかんりしゃ】

労働基準法に定められている工場・事業場の衛生管理業務の担当者。現業では常時30人以上,非現業では常時50人以上の労働者を使用する場合には常置の義務がある。細目労働安全衛生法で定める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

人事労務用語辞典の解説

衛生管理者

「衛生管理者」とは、労働者の衛生に関わる具体的・技術的な事項全般を管理する担当者のことです。労働安全衛生法によって、常時50人以上の労働者を使用する事業場(企業、法人単位ではなく、本社、支社支店、工場、営業所などの単位のこと)では、規模に応じて1~6人の衛生管理者を選任することが義務付けられています。
(2010/10/18掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

えいせいかんりしゃ【衛生管理者】

労働環境の整備や労働者の健康管理を担当する者。労働安全衛生法により、配置が義務づけられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

衛生管理者の関連キーワード産業保健総合支援センター安全衛生教育八雲ふみね渡部絵里香清水沙穂理髙島麻利央菅登未男労働環境健康管理安全管理標準作業木下裕之前野恵産業医船員法配置整備

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛生管理者の関連情報