衛生管理者(読み)えいせいかんりしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛生管理者
えいせいかんりしゃ

従業員の健康を維持,増進,管理するため,企業内の衛生管理を行う者。健康診断による疾病の早期発見,処置,職場条件や施設などの衛生上の改善,健康相談,その他疾病などに関する資料を作成し,従業員の健康の保持にたずさわる。労務管理に関係することでもあり,その積極的な活動が望まれている。労働基準法および労働安全衛生法により,各企業内に一定数の衛生管理者をおくことが義務づけられている。その資格は医師であって,労働衛生に関する教養を有する者,または都道府県別に行われる衛生管理者試験に合格して,労働基準局長から免許を受けた者である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいせい‐かんりしゃ〔ヱイセイクワンリシヤ〕【衛生管理者】

労働者の健康障害を防止するため、職場の衛生全般を管理する人。労働衛生面から作業環境の調査、作業条件や施設の改善などを行う。労働安全衛生法により、常時 50 人以上の労働者を使用する事業場選任が義務付けられている。国家資格の衛生管理者免許、または医師・労働衛生コンサルタントなどの資格が必要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

衛生管理者

「衛生管理者」とは、労働者の衛生に関わる具体的・技術的な事項全般を管理する担当者のことです。労働安全衛生法によって、常時50人以上の労働者を使用する事業場(企業、法人単位ではなく、本社、支社支店、工場、営業所などの単位のこと)では、規模に応じて1~6人の衛生管理者を選任することが義務付けられています。
(2010/10/18掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

えいせいかんりしゃ【衛生管理者】

労働環境の整備や労働者の健康管理を担当する者。労働安全衛生法により、配置が義務づけられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えいせいかんり‐しゃ ヱイセイクヮンリ‥【衛生管理者】

〘名〙 労働者の衛生面の管理のために、健康障害防止、衛生教育、健康診断などの業務を行なう者として事業者から選任された者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛生管理者の関連情報