経師屋(読み)きょうじや

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうじ‐や キャウジ‥【経師屋】

〘名〙
① =きょうじ(経師)③〔日葡辞書(1603‐04)〕
※狂歌・徳和歌後万載集(1785)一「経師屋春雨〈略〉やくそくの日よりも紙をはるさめにへらをつかひてのばす経師屋」
② (「貼る」に「張る」をかけた語) 女にいいより、手に入れようとねらう者。狼連。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉「経師屋(キャウジヤ)連だの或は狼連などと云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうじ‐や〔キヤウジ‐〕【経師屋】

経師1」に同じ。
《「貼る」に、つけねらうの「張る」をかけて》女を手に入れようとねらう人をいう俗語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

経師屋【きょうじや】

表装をする職人。経師は元来経巻の書写や表装を業とするものをいったが,平安末期からの個人による写経の流行や鎌倉期以降の版経の盛行につれ表装のみの専業となった。江戸期には市井の職人としての経師屋が生まれ,掛軸の表装や和本の装丁ふすま・障子の張替などを行った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうじや【経師屋】

巻物,掛物,和本,屛風,ふすまなどの表装をする職人。経師は,古代には写経を業とする人をいった。写経司(写経所)などに属する場合もあり,民間で活動する者もあった。写経司には,ほかに校生,装潢(そうこう)などの専門技術者がいた。装潢とは表装のことである。古代末期になって,個人による写経がさかんになると,経師本来の仕事はなくなり,写経のあとの表装の仕事に従うようになったと思われる。こうして中世には,経巻などの巻子本(かんすぼん)の表装を業とする専門職人になっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android