コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋井[市] ふくろい

百科事典マイペディアの解説

袋井[市]【ふくろい】

静岡県南西部の市。1958年市制。太田川とその支流の沖積地を占め,遠州灘に臨む。中心市街は東海道宿場町として発達,東海道本線が通じ,北部に1969年開通の東名高速道路袋井インターチェンジがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろい【袋井[市]】

静岡県南西部の市。1958年市制。人口5万7098(1995)。市域は太田川およびその支流の原野谷(はらのや)川の形成した平野と,南東部および北東部に分布する丘陵からなる。東海道五十三次の袋井宿は原野谷川の北岸にあるが,1889年東海道本線の開通により南岸の高尾に袋井駅が設置され,駅前地区が宿場に代わり中心商業地として発達した。この地域は全国有数のメロン生産地である遠州地方でも戦前からの主産地であり,丘陵地では茶,ミカンの栽培も行われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

袋井[市]の関連キーワード可睡斎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android