複合文書(読み)ふくごうもんじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「複合文書」の解説

複合文書
ふくごうもんじょ

古文書学用語。一つの料紙に,差出し人の意志内容だけでなく,相手方の対応までが盛込まれている文書。すなわち外題付きの申状譲状,証判付きの着到状軍忠状,勘返付き書状 (書状の名あて人がその書状に返事を書込んで返送したもの) などがこれで,複合して一つの文書を形成しているものをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「複合文書」の解説

ふくごうもんじょ【複合文書】

古文書学上の用語。差出人から届けられた文書に対する命令,指示,返事等は,それを受け取った人が別紙にしたためて差出人に与えるのが普通である。しかしその手続を省略して,受け取った文書に直接その命令等を書き込んで差出人に返却することがある。この場合には本来の形は1通の文書であるが,その中に2通の文書が収められていることになり,これを複合文書という。平安末期ごろには各地の荘園住人等は,国役(こくやく)等の免除を請う解状(げじよう)を国司に提出するが,国司はこの解状の右端の余白部分にそれを認めるを記して(これを国司免判(こくしめんばん)あるいは外題(げだい)という)返却する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android