コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西合志[町] にしごうし

百科事典マイペディアの解説

西合志[町]【にしごうし】

熊本県北部,菊池郡の旧町。熊本市の北に接する台地を占める。米,タバコ,スイカを産し,畜産も行う。熊本種畜牧場などがあり,熊本電鉄が通じる。近年,宅地化が進む。2006年2月,菊池郡合志町と合併し市制,合志市となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしごうし【西合志[町]】

熊本県北部,菊池郡の町。人口2万5638(1995)。熊本市の北に位置し,菊池川の支流上生(わぶ)川の流域と周辺の台地を占める。中心集落の野々島の一帯は古く鳥栖原(とすばる)といい,南北朝時代肥後菊池氏の一拠点であった。米作のほかタバコ,野菜栽培,畜産を営み,スイカを特産する。九州農業試験場,九州特産種苗センター,九州林木育種場の所在地。合生(あいおい)の黒松古墳群,二子山石器製作遺跡(史),熊本市街の展望地弁天山(145m)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

西合志[町]の関連キーワード合志市