西崎緑(初代)(読み)にしざき みどり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西崎緑(初代) にしざき-みどり

1911-1957 昭和時代の日本舞踊家。
明治44年5月16日生まれ。西崎弘太郎の長女。正派西川流初代西川喜洲に入門,西川喜代美を名のる。昭和5年本名で若葉会を結成,あたらしい舞踊の創作につとめる。23年西崎流を創設,家元となった。昭和32年2月18日死去。45歳。神奈川県出身。仏英和高女専門部(現白百合女子大)卒。著作に「酔うて候」「舞踊のあけくれ」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android