コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西念(1) さいねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西念(1) さいねん

?-1178 平安時代後期の僧。
おさないとき高野山にのぼり心蓮(しんれん)について出家し,真言をまなぶ。浄土往生をねがって修行。濁世(じょくせ)をきらい,奥院をでなかった。治承(じしょう)2年死去。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西念(1)の関連キーワードアンテーラミモーニング娘。建礼門院金剛寺阿観安徳天皇伊賀光宗院尊宇都宮頼綱喜海

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西念(1)の関連情報