コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西田直二郎 にしだ なおじろう

美術人名辞典の解説

西田直二郎

文学博士。日本史学者。京大大学院卒。昭和39年(1964)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西田直二郎 にしだ-なおじろう

1886-1964 大正-昭和時代の日本史学者。
明治19年12月23日生まれ。大正13年母校京都帝大の教授となる。戦後京都女子大,滋賀大の教授を歴任。文化を歴史の流れのなかで総合的にとらえる独自の文化史学を提唱した。昭和39年12月26日死去。78歳。大阪出身。著作に「日本文化史序説」「日本文化史論考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西田直二郎
にしだなおじろう

[生]1886.12.23. 大阪
[没]1964.12.26. 京都
日本文化史家。第三高等学校を経て京都大学文学部の史学科第1回生として卒業,その講師を経て,1919年助教授。ヨーロッパ留学ののち 24年文学博士となり,教授に進み,主著『日本文化史序説』 (1932) を著わす。滝川事件ののち自由主義的文化史学から国家主義に転じ,34年国民精神文化研究所員を兼ね,40年紀元二千六百年記念行事に尽力したため,第2次世界大戦後京都大学を追放されたが,解除ののち名誉教授となる。浄土宗僧籍に入り直二と改名。編書に『元寇史料集』 (35) ,『後醍醐天皇宸翰集』 (37) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西田直二郎
にしだなおじろう
(1886―1964)

歴史学者。大阪府出身。京都大学教授。京大で内田銀蔵のもとで日本文化史を学びヨーロッパに留学。主著『日本文化史序説』(1931)では、一分野史としての文化史ではなく、歴史的事実は文化のなかに具現しているという立場からの全体史的な文化史を提唱、西田史学とよばれる学風を確立する。一方、京都府史蹟(しせき)勝地調査会委員として二十余年調査に従事、のち『京都史蹟の研究』(1961)を著す。また太平洋戦争中、国民精神文化研究所員として活動したことなどにより戦後一時教職追放を受け、解除後は滋賀大、京都女子大で教鞭(きょうべん)をとる。ほかに『日本文化史論考』(1963)がある。[奈倉哲三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西田直二郎の関連キーワード立入宗継(たてりそうけい)奈良本辰也山根徳太郎文学博士昭和時代川端道喜

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android