コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西祖谷山 にしいややま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西祖谷山
にしいややま

徳島県西部,三好市中部の旧村域。剣山地北斜面にあり,ほぼ中央を祖谷川が流れる。1889年村制。2006年三野町,池田町,山城町,井川町,東祖谷山村の 4町 1村と合体して三好市となった。主産業はソバ,コンニャクイモなどの栽培。一部は剣山国定公園に属し,松尾川上流に松尾川ダム(春ノ木尾ダム),大歩危・小歩危祖谷渓祖谷温泉などがある。かずら橋は国の重要有形民俗文化財に,神代踊は国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西祖谷山
にしいややま

徳島県西部、三好(みよし)郡にあった旧村名(西祖谷山村(そん))。現在は三好市の中南部を占める地域。2006年(平成18)三野(みの)、池田、山城、井川の4町および東祖谷山村と合併して市制施行、三好市となった。四国山地にあり、長く隔絶山村として三好市東祖谷とともに秘境と称された。北部を松尾川が西流、中央を祖谷川が北西流して三好市山城(やましろ)町との境界を流れる吉野川に注ぐ。集落や耕地は山腹の南面に立地。ジャガイモ、米、チャ、クリなどを栽培する。蔓(かずら)橋(国指定重要有形民俗文化財)、神代(じんだい)踊(国指定重要無形民俗文化財)などのほか、隠居制など古い習俗を残している。祖谷渓、大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)の渓谷は剣山(つるぎさん)国定公園域。平家落人伝説が残されていて、平家屋敷民俗資料館がある。吉野川に沿ってJR土讃(どさん)線が走り、大歩危から中心地区の一宇(いちう)まで主要地方道西祖谷山山城線がある。[高木秀樹]
『『西祖谷山村史』(1985・西祖谷山村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西祖谷山の関連キーワード平家屋敷民俗資料館三野(徳島県)西祖谷の神代踊池田(徳島県)東祖谷山[村]山城(徳島県)徳島県三好市三好[市]山城[町]三好(市)祖谷地方にしいや井川町小歩危大歩危池田町蔓橋腕山

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西祖谷山の関連情報