コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西紀[町] にしき

百科事典マイペディアの解説

西紀[町]【にしき】

兵庫県東部,篠山(ささやま)盆地北西部にある多紀郡の旧町。大部分は山地で,丹波グリ,ヤマノイモ,川北黒大豆を特産,米作も行う。1999年4月に,多紀郡篠山(ささやま)町,丹南町,今田(こんだ)町と合併し市制,篠山市となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしき【西紀[町]】

兵庫県東部,多紀郡の町。1960年町制。人口4125(1995)。篠山盆地の北西部を占め,瀬戸内海に注ぐ加古川と日本海に注ぐ由良川の分水界を含む。農業が基幹産業であるが,町域の大半が山林で,耕地は狭い。米作中心から,ピーマン栽培などの都市近郊型の農業への転換が進行中で,阪神地方から進出した企業への就職者もふえている。北部の山地は多紀連山県立自然公園に属する。【松原 宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android